庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > オオバコ

オオバコ/おおばこ/大葉子

おおばこ、雑草
踏み付けに強い「雑草」の一つだが、食用及び薬用になる
がえるっぱ
若葉の様子
葉っぱで綱引き
長い柄があり、昔の子供は引っ張りっこをして遊んだ
大葉子の葉っぱ
裏面の様子
げーろっぱ,開花時期
オオバコの花
オオバコの種
果実の様子
げーろっぱ,おんばこ
触れると種子が弾け飛ぶ
雑草,代表種
ヒッツキムシの一つであり、人通りのある場所に群生する

【オオバコとは】

・日本全国の道端や空き地、野原で極めて普通に見掛けるオオバコ科の多年草。葉が大きなことにちなんで大葉子(オオバコ)と名付けられた。日本以外でもシベリアから東南アジアまでの広い範囲に分布し、車のワダチがあればどこにでも生えることから、漢名を「車前」という。

 

・人の踏みつけに強く、むしっても再生する厄介な「雑草」とされるが、民間療法では葉や種子を咳止め、炎症の緩和、利尿、下痢止めに用いた身近な存在であり、オンバコ、オバコ、ゲーロッパ、カエルッパ、ギャーロッパ、マルバ、マルコバ、テリコバコなど多数の地方名で親しまれる。

 

・葉は長さ5~20センチ、幅3~8センチの楕円形または卵形で縁は波打ち、平行に走る複数の葉脈が目立つ。10枚ほどが地際から直接生じ、長い丈夫な柄があるため、昔の子供たちはこれを使って引っ張りっこをして遊んだ。

 

・オオバコの葉の下にはガマガエルが好んで潜むとされ、ガマゴロモほか前掲の地方名がある。あまり品のいい名前ではないが、若葉は天婦羅、御浸し、胡麻和えとして食用に、また、乾燥させて煎じたものはオオバコ茶に、生の葉を水で洗い、炙って柔らかくしたものは湿布代わりに使うことができる。

 

・開花は5~9月で、葉の間から伸びた花茎の先端に、白い小花を多数咲かせる。花は直径2ミリほどで目立たないが、下から上へ向かって次々に咲いていく。

 

・花の後には楕円形の果実が多数できるが、人や動物がこれに触れると、上部にあるフタが外れて黒褐色の種子が飛び出す。また、雨や露で濡れた種子は粘着性を持ち、衣類や靴の裏、車のタイヤなどに付着して住宅街から亜高山まで拡散される。あまり歓迎されるものではないが生薬名を「車前草」といい、漢方や民間療法では煎じたものを咳止めに用いる。

 

・オオバコの地下茎は短いが、多数のヒゲ根を持っており、地面を這うように生じる。また、他の植物と競合しないよう硬い地面を好んで繁殖していくため除草しにくい上、地上部を刈られても再生する力が強い。除草にはグリホサート系のラウンドアップやサンフーロンが使われる。

 

【開花季節】

・6月~9月

 

【花の色】

・白

 

【背丈】

・10~50cm

 

【オオバコに似ている草花】

・エゾオオバコ

 日本海側の砂地に自生する品種。草全体に軟毛があるのが特徴。

 

・トウオオバコ

 花の軸が50~80センチになる最も大型のオオバコで、海岸地帯に多い。葉は質が厚くてやや立ち上がり気味に生じる。トウには「唐」の字を当てるが国産種。

 

・ハクサンオオバコ

 本州中北部の高山帯に生じる矮性種で、全体に小さく、まばらな花に種子が一粒ずつしかできない。

 

・ヘラオオバコ

 葉がヘラ型になる品種。原産は中央アジア~ヨーロッパだが、日本でも帰化植物として増殖している。花穂は3~5センチほどで、花茎に比べて明らかに短い。

 

 このほか、ヤグラオオバコ、サザエオオバコといった園芸品種が作出されている。