庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ウラジロ

ウラジロ/うらじろ/裏白

鏡餅,葉っぱ
ウラジロは正月飾りに使われるシダの一種
羊歯,正月
初夏に枯れた葉を覆うように新芽を伸ばす
しだ,飾り
年齢が茎葉のように長く伸びるよう縁起を担ぐ
うらじろ,注連縄,葉っぱ
新葉の様子
うらじろ,植物
裏面の様子
門松の葉っぱ
大型のシダであり、葉は長さ1mになることも
正月飾り,シダ,何
注連飾りにウラジロを使った例
もろむきの葉
茎(葉柄)は箸や籠になる

【ウラジロとは】

・福島県~新潟県以南の本州、四国及び九州に分布するウラジロ科のシダ植物。かつてシダといえば本種をさし、葉が枝垂れる様から「シダ」の名ができたという。日当たりが良くて乾いた山の斜面に大群生し、日本以外でも朝鮮半島や中国、南アジア、オーストラリアなどに見られる。

 

・正月飾りとして門松、鏡餅、注連飾りなどに添えられるのはこの葉っぱを裏返しにしたもの。一般的なシダより葉は厚くて緑が濃く、背丈も時に2mを超えるほど大きくなる。 

 

・シダの仲間は裏面が黄緑色だが、本種は珍しく白いのでウラジロという名になった。関西では単にシダ(歯朶/羊歯)と呼ぶことが多く、俳句の世界でもシダといえばウラジロを意味する。地方名はヤマクサ(山草)、オナガ、ホナガ(穂長)、モロムキ(諸向)、ホソビソウ(鳳尾草)、ヘゴなど。

 

・正月飾りとする理由は、二枚一組に生じる葉を、白髪になるまで仲が良い夫婦に見立て、常緑の葉が段をなして伸びる様に一家繁栄を祈念したことによる。

 

・根茎は黒褐色の太い針金状で、地中の広い範囲に広がる。根茎から生じる葉柄は光沢のある茶褐色で、人の小指ほどの太さになる。乾燥させた葉柄には程良い硬さがあり、箸や盆、籠などの材料に使うことができる。

 

・2~3月になると葉柄の先端に茶褐色の鱗片を付けた芽が生じ、新葉が展開する。葉は左右2枚が対になり、時と共に水平に広がる。長さは50~100センチで、表面は艶やかな緑色だが、裏面には落下しやすい星状の毛があって白く見える。葉の裏面には冬季に胞子嚢ができ、胞子が飛散することで繁殖する。 

 

【ウラジロに似ている植物】

ウラジロノキ

 本州~九州に分布するナナカマドの仲間。本種とは関係ないが名前が似ていて紛らわしい。

 

シロダモ

 東北中部から沖縄に分布する常緑高木。ウラジロあるいはウラジロノキという別名がある。 

 

【正月飾りに使う植物】

ユズリハ

ダイダイ

フクジュソウ 

ハボタン

ウラジロの基本データ

 

【分 類】ウラジロ科/ウラジロ属

     シダ植物

【漢 字】裏白(うらじろ)/ヘゴ

【別 名】ヤマクサ(山草)

     オナガ/ホナガ(穂長)

     モロムキ(諸向)

     ホソビソウ(鳳尾草)

【学 名】Gleichenia japonica

【英 名】Urajiro

【開花期】

【花の色】

【草 丈】1~3m