ウド(独活)

独活の花 ウド
ウドは人間にも蝶にも人気がある
独活の葉っぱ
ウドの葉っぱ
独活 開花時期
ウドの花は夏に咲く
うど 花 画像
白い小花が球形に集まる
ウド 特徴
地上部は秋に枯れるので、木ではない

【ウドとは】

・北海道から九州まで幅広く分布するウコギ科の多年草。香りのよい新芽などが食用となり、代表的な山菜として古くから親しまれる。

 

・「ウドの大木」として知られるように、条件がよいと高さ3mほどになるが、大型の多年草であり「木」ではない。シガ、ドッカ、ヤマクジラ、ツチタラなどの別名がある。

 

・林の中のような半日陰を好む。。

 

・夏には小さな花が球形に集まって多数咲く。花の後には黒紫色の実ができる。

 

・スーパーなどで市販される白いウドは榁(地下穴)で人工的に育てられたもの。野生のウドは香りが高く、アクも強い。

 

・ウドの根を乾燥させたものは薬用となり、頭痛、歯痛、めまいに効果があるという。

 

・漢字表記の「独活」は意味深だが、由来は不明。本来はシシウド(セリ科)の根のこと。

 

【開花季節】

・7~9月

 

【花の色】

・白が

 

【品種】

・ミヤマウド

 標高がやや高い亜高山で見られる。花が少なく、花序に毛がほとんどないのが特徴。茎は黒紫色で、より細い。ウドと同様に食用とする。

 

【背丈】

・1~1.5m

 

【似ている花】

タラノキ