イネ/いね/稲

Rice plant

稲穂,いなほ
田んぼでお馴染みのイネは熱帯アジア原産
お米の花
イネの花
稲の花,画像
午前11時~午後12時が最もさかんに咲く
稲田,画像
でき始めの稲穂の様子
rice plant
次第に米らしくなっていく
rice plant
もみ殻の色合いは品種によって多少異なる
イネの画像
米は酒、麹、味噌、醤油、菓子、澱粉や糊の原料になる
田んぼの画像
収穫期の様子

【イネとは】

・熱帯アジアを原産とするイネ科の一年草。秋に稔るイネの実を精製したコメは日本を含めたアジア各地で主食とされ、これを取り巻く文化の形成にも多大な影響を与えてきた。

 

・最も古い作物の一つであり、中国やインドでは紀元前3000年以前から栽培される。日本には中国を経由して縄文時代末期に渡来した。別名は民の草、富の草など。古くは伊奈、志泥、之弥と呼んでいた。

 

・イネの語源には以下の説などがある。①古くは「シネ」と呼んでいたものがイネに転訛した。「シ」は神聖なものを「ネ」は物事の根本を表し、「物事の根本にあたる神聖な植物」を意味する。②「イ」は「慈しみ」を「ネ」は「苗」を表し、「大切にすべき苗」を意味する。

 

・開花は8~9月で、茎の先端から伸びた花茎に円錐状の花序(花の集り)ができ、緑色の「穎(えい)」に包まれた白い小花が密生する。開花は午前中のみで、正午前の一時間が最もさかん。穂の上から下へと咲き進むが、温度や日照時間によって開花時期は大きく異なる。

 

・イネを含むイネ科の植物は自家受粉の性質を持ち、受粉後に子房が発達して実となる。熟した稲穂が垂れ下がって黄色あるいは暗い紫色などに変わるが、開花や受粉が遅れるといわゆる凶作となるため、例年、開花状況が注視される。

 

・手を加えないイネの実は籾(もみ)、籾の殻を取ったものが玄米、そして玄米から米糠(こめぬか)の部分を取り除いたものが白米と呼ばれる。白米を蒔いてもイネは生えないが、籾を蒔けば発芽する。播種に使う籾を種籾といい、昔の農村ではコブシの開花などを目安に種蒔きをしていた。

 

・イネの葉は線形で茎から互い違いに生じ、先端にいくほど細い。質は粗く、表面や縁はザラつき、基部はサヤ状で葉を包み込む。苗は春から夏にかけてグングン育つが、この時季に多い雷の光がイネを実らせると考えられたため雷を稲妻と呼ぶようになった。

 

・茎は緑色の円柱形で根元から多数生じ、枝分かれせずに直立する。太さはエンピツほどで内部は空洞になり、節がある。刈り取った茎葉は「ワラ」と呼ばれ、燃料や飼料、縄、俵、蓑、筵(むしろ)などの日用品に用いる。

 

【開花季節】

・8~9月

 

【イネの花の色】

・黄緑と白

 

【草丈】

・60~100cm

 

【イネの品種】

 イネ(コメ)は古来から日本の環境に合うよう改良が重ねられ、その品種は極めて多いが、「うるち米」と「もち米」に大別され、主食には前者を用いることが多い。また、イネは収穫時期によって「早稲」、「中稲(なかて)」、「晩稲(おくて)」に、栽培方法によって水稲、陸稲(おかば=畑で育てる)に区別される。

 

【イネに似た草花】

 イネを山野草と呼ぶのは無理があるが、日本の風景を構成する不可欠な植物として本項で取り上げた。野山で見られるイネ科の植物にはスズメノテッポウ、スズメノカタビラ、イヌムギ、エノコログサジュズダマ、アシ、ススキチカラシバ、マコモなど多数ある。