庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > アワモリショウマ

アワモリショウマ

漢字表記:泡盛升麻(あわもりしょうま)

別  名:アワモリソウ(泡盛草)

学  名:Astilbe japonica

英  名:Japanese Astilbe

泡盛ショウマ
花は5~6月に咲く
アスチルベ,アワモリショウマ
若葉の様子
泡盛ショウマ,葉っぱ
成葉の様子
Japanese Astilbe
蕾の様子
泡盛しょうま,植物
開花期の草丈は60センチほどに
はなことば,あわもりしょうま
花言葉は「恋の訪れ」「繊細」など

【アワモリショウマとは】

・中部以南の本州、四国及び九州を原産とするユキノシタ科の多年草。花が白い泡の集まりに見えることから名付けられた。ショウマ(升麻)はサラシナショウマのことで、花序(花の集り)が似ることに由来する。

 

・アワモリショウマは主に暖地の川岸や岩場に自生するが、梅雨時に咲く花を観賞するため、各地の庭園や花壇に植栽され、切花にも使われる。

 

・開花は5~6月で、茎の先端及び上部の葉の腋から生じた円錐形の花序に、白あるいはピンクの小花が多数咲く。小花の直径は1ミリもなくて観察しづらいが、花弁は5枚あって平らに開き、5本の雄しべと2本の雌しべが顔を出す。花の後にできる乾いた果実はトックリ型になる。 

 

・葉のほとんどは株元から生じる「根生葉」で、複数の小さな葉が集まる「複葉」と呼ばれるタイプのもの。小葉は長さ3~7センチ、幅0.5~2センチの楕円形で両端が尖り、縁にはギザギザがある。肉質かつ硬質で、若い葉柄には赤みがある。

 

・茎は硬くて直立し、複数が密生しやすい。地下茎にある根茎は薬用となり、煎じたものを痔疾や脱肛に使う。

 

【開花時期】

・5~6月

 

【花の色】

・白、ピンク

 

【背丈】

・30~60cm

 

【アワモリショウマの品種】

・那智アワモリショウマ

 和歌山県を原産とする小型の品種。葉は原種よりも厚く、艶も多い。

 

・アスチルベ

 アワモリショウマは東アジア~北アフリカに自生するアスチルベ属の一つであるが、これらを原種としてドイツで作出された園芸品種群を特に狭義の「アスチルベ」と呼ぶのが一般的。その園芸品種は数多いが、ファイナル、エリカ、ダイヤモンド、ビジョンズなどがある。

 なお、アスチルベは「明日散るべ」ではなく、光輝を意味するラテン語stilbeの否定語であり、花が華やかでない様を表す。

品種,種類
アスチルベ エリカ

 

【アワモリショウマに似ている草花】

 

トリアシヨウマ