庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > アヤメ

アヤメ/あやめ/菖蒲

Japanese Iris

アヤメの違い,見分け
花にある、あやめ模様が名前の由来
菖蒲,種類,見分け
アヤメの葉は幅が狭くて自立しにくい
あやめ,植物
葉は晩秋に枯れて消え去るが、地中には暗褐色の硬い根茎が残る
果実,種子
花の後には容易に結実する
タネ,たね
アヤメの種子

【アヤメとは】

・日本各地の山野に自生するアヤメ科の多年草。この仲間は水辺に群生する印象があるが、日当たりのよい場所であれば、かなり乾いた草地でも育つ。初夏に咲く花には黄色と紫の綾目(文目)模様があり、これが名前の由来になっている。かつては本種をショウブと呼んだことから漢字表記は菖蒲などで、別名はハナアヤメ。

 

・アヤメの開花は5~6月で、ハナショウブやカキツバタよりも早い。花色は濃い青紫で稀に白。園芸品種には絞りや筋の模様が入る。花は茎の先端から伸びた花茎の頂部に咲き、直径は7~8センチほど。2~3輪がまとまって咲く。

 

・花はいわゆる一日花で、朝に開いて夕に閉じる。花には6枚の花弁(内外各3枚)があるが、外側の大きな花弁(外花被片)は下垂し、その付け根は太く、内側の細くて小さな花弁(内花被片)は直立し、その先端はやや丸みを帯びる。

 

・茎は地中で「根茎」になり、横に這って多数分岐し、葉は地際から多数生じて直立する。アヤメの新芽は赤く、他のアヤメ科の植物は新芽が緑色になる。成葉は粉を吹いたような緑白色あるいは鮮やかな緑色で、

 

・葉は線状で、長さ30~50センチ、幅1センチ以下。ハナショウブやカキツバタに比べると細くて弱々しい印象がある。葉の中央を走る太い葉脈(中肋)はあまり目立たず、その基部は赤紫色を帯びることが多い。

 

【開花季節】

・5~6月

 

【花の色】

・青紫、白

 

【背丈】

・50~70cm

 

【アヤメに似ている植物】

 アヤメの仲間は数多いが、野生のもの(帰化植物を含む)で形態や開花時期が似るのは以下のとおりである。「いずれあやめか、かきつばた」の言葉どおり。それぞれを見分けるのは難しい。また、サトイモ科の植物にアヤメグサがあるが、本種とは関係ない。

 

・ノハナショウブ、ハナショウブ

 ノハナショウブは湿った草原に生じ、6~7月に開花する。外弁の基部に黄色い筋模様が入るのが特徴。ハナショウブはこの園芸品種で、花は紅色の強いものが多い。いずれも葉の中央に太い隆起が線状に走り、他と見分けやすい。 

 

アヤメの仲間,違い
ノハナショウブの花

 

・カキツバタ

 湿地に群生する多年草で、葉が高さ1mにもなる。5~6月に咲く花の外花被片は幅4~5センチで、アヤメの仲間では花が最も大きく見える。

かきつばた,植物
カキツバタの花

 

・ヒオウギアヤメ

 アヤメよりも海抜の高い湿原に生え、茎が枝状になる。アヤメと同じように外弁の一部が白くなるが、アヤメでは中央に立つ内弁がヒオウギアヤメには見られない。また、葉の幅はアヤメよりも広い2~3センチになる。 

 

・イチハツ

 中国原産で、紫の花を咲かせる。開花は早い。 

 

いちはつ,植物
イチハツの花

 

・シャガ  

 

 人家近くの山林に群生する常緑の多年草で、古い時代に中国から渡来したものが野生化した。花数が多く、外花被片の縁は細かく裂け、白地に紫と黄色の模様が入る。日本海側にはより小さな花を咲かせるヒメシャガがある。

しゃが,植物
シャガの花