庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ゲンノショウコ

ゲンノショウコ/げんのしょうこ/現の証拠

いしゃいらず,草
開花は7~10月で紅紫と白の花がある
げんのしょうこ,効果
花言葉は「憂いを忘れて」など 下痢止めの効能に起因か 
医者泣かせ
関東近辺には白花が多い
葉っぱ,画像
ゲンノショウコの葉
げんのしょうこ,薬草
茎をはじめ全草に短毛が多い
フウロソウ
秋の様子

【ゲンノショウコとは】

・日本全土に分布するフウロソウ科の多年草で、日当たりのよい土手や野原、山野の道端などに自生する。全草にタンニンの一種を含み、民間療法においては古くから下痢止めの妙薬として使われてきた。その効果が確かなことから「現の証拠」あるいは「験の証拠」と呼ばれる。

 

・薬用にするのは土用の頃に刈り取った地上部で、陰干しにして煎じたものを飲用する。特に「渋り腹(便意はあるが排出量が少なく、すぐにまた催す性質=裏急後重ともいう)」に効果が高いとされた。

 

・上記のことから、リビョウソウ(痢病草)、セキリグサ(赤痢草)、イシャイラズ(医者いらず)、イシャナカセ(医者泣かせ)、タチマチグサ、クスリノハナなどの別名や地方名がある。食用にもなり、全草を油炒めや和え物、佃煮にする。、

 

・葉の幅は3~7センチで掌状で3~5つに裂け、縁には粗いギザギザがある。表面には紅紫色の斑点があり、裏面も紅紫を帯びる。茎は斜上するか、地を這うように横へ広がり、枝分かれが多い。葉や茎の様子からネコアシグサ、ウメヅルという別名もある。株全体に短毛が生じる。

 

・開花は夏の土用の丑の日ごろで、葉の付け根付近から伸びた花柄の先に、紅紫(濃淡あり)あるいは白の花が2~3輪ずつ咲く。直径は1~1.5センチほどで、5枚ある花弁には赤い筋が入る。関西には紅紫の花が、関東には白花が多いとされる。

 

・学名の(Geranium)はギリシャ語の鶴(Geranos)に由来し、花の後できるクチバシ型の果実による。熟すと5枚の果皮が裂けて反り返るが、この様子が神輿の屋根に似るため、ミコシグサという別名もある。

 

【開花時期】

・7月~10月

 

【花の色など】

・紅紫、白

 

【背丈】

・30~50cm 

 

【ゲンノショウコに似た草花】

・ウマノアシガタ

・キツネノボタン