庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > オモト

オモト/おもと/万年青

Japanese Sacred Lily

万年青,草花
オモトは濃緑の葉と赤い実のコントラストが美しい
オモト,植物
縁起物とされるが全草に有毒成分を持つ

【オモトとは】

・関東南部~沖縄に分布する日本特産の多年草で、湿気の多い暖地の林間に自生する。漢名「万年青」のとおり、冬の寒さにも耐えて葉の緑色を保つことから、縁起の良い観葉植物として古くから愛好される。

 

・オモトという名前の由来には、①大分県北部にある御許山を名産地とする、②大きくてゴツゴツした株を意味する「大本」が転訛した、とする説がある。

 

・葉は厚い革質で左右対称に整然と広がる。長さは30~50センチで先端が尖り、縁は著しく波打つ。地上に茎は見えず、地下にある短くて太い茎から生じるため、地際から直接生えているように見える。

 

・葉の模様や皺の入り方に変化が多く、江戸時代には度々、爆発的な流行が見られ、希少な品種は高値で取引されたという。現在もその名残で1、000種類以上の園芸品種があり、「都の城」「吾妻鏡」などの和名をもって親しまれている。

 

・開花は春から初夏で、葉の間から伸びた長さ10~20センチの花茎の先端に黄緑色の小花が穂状に咲く。花には柄がなく、肉厚な花茎に密着したような状態になる。花には芳香があるものの総じて地味な花であり、赤い実ほどには話題にならない。

 

・花の後にできる果実は水分を含んで光沢があり、熟すと赤く(稀に黄色く)なる。一見すると美味しそうだが、これには毒性の強いロデインなどを含み、誤食すると嘔吐、頭痛、血圧低下等を招き、最悪の場合は心臓麻痺に至る。

 

・強心や利尿作用を期待してオモトを民間療法に用いる例もあるが、果実のみならず株全体に強い毒性があるため取扱いには注意を要する。

 

【開花時期】

・5~6月

 

【花の色】

・黄緑色

  

【背丈】

・~30cm

 

【オモトに似ている草花】

・ハラン