庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > オドリコソウ

オドリコソウ/おどりこそう/踊子草

White dead-nettle

オドリコソウの花
開花は4~6月で花言葉は「快活」「隠れた恋」など
おどりこそう,草花
クリーム色の花もある
三階草
葉の縁にはギザギザが目立つ
踊子草の花,画像
花は、笠をかぶって踊る人々が立ち並ぶように見える
花の長さは3~4センチほどと大きい
花の長さは3~4センチほどと大きい

【オドリコソウとは】

・北海道から九州までの広い範囲に分布するシソ科の多年草。半日陰地を好み、山林や竹藪の縁など湿気の多い場所に大きな群落を作る。花の様子が、編笠をかぶって踊る人に似ているとしてオドリコソウと名付けられた。

 

・葉はシソに似た卵形で茎から対になってまばらに生じる。長さは2~7センチほどで縁にはギザギザが目立ち、表面には皺がある。茎の断面は四角で節には長い毛が生じる。草丈は最大で30~50センチほどになるが、茎が柔らかく、風雨で倒れやすい。

 

・開花は4~6月で、微かなピンク色をした唇形の花が茎を囲むように葉の脇から生じる。花の底部には蜜がたまっており、昔の子供たちはこれを吸って遊んでいた。身近な草花であったため、スイスイグサやヘビノチッチなど地方によって多様な呼び名がある。

 

・若芽、若葉、地下茎、そして花までも食用になり、茹でてさらしたものを和え物、御浸し、油炒め、酢の物などにする。また、地下茎を煎じたものは、腰痛などに効くとする民間療法がある。 

 

【開花時期】

・4~6月

 

【花の色】

・微かなピンク色あるいはクリーム色

  

【背丈】

・30~50cm

 

【オドリコソウに似ている草花】

・ヒメオドリコソウ

 ヨーロッパ及び西アジアを原産とする二年草で、明治時代中期に渡来して帰化植物となった。都会の空き地などにも群生する定番の雑草の一つ。草丈はオドリコソウより低い10~20センチで、より目立つ赤紫の花を咲かせ、株全体も褐色を帯びた赤紫色になる。

 

・ホトケノザ

 本州から沖縄に分布し、道端や空き地にも見られる。丸い葉の上に乗る濃紅の花の様子を仏像の蓮華座に見立てて命名された。春の七草の一つであるホトケノザはキク科のコオニタビラコのことであり本種とは異なる。