庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > オトコエシ

オトコエシ(男郎花)

White patrinia

おとこえし,花
オミナエシ(奥)との対比でオトコエシ
女郎花,花,蕾
開花直前の様子
男郎花,野草
冬枯れの様子

【オトコエシとは】

・日本全国の日当たりの良い山地や野原などに自生するオミナエシ科の多年草。秋の七草の一つであるオミナエシ(女郎花)によく似るが、白い花を咲かせる点が大きく異なる。別名はオトコメシ、シロオミナエシ、シロアワバナ、ツチナ、トチナなど。我が国以外でも中国や朝鮮半島に分布する。

 

・オトコエシ(男郎花)という名は、本種の茎がより太く、葉がより厚いことなど、全体に逞しい印象を持つことに由来する。現代的ネーミングではないが、オミナエシとの雑種で薄紅色(あるいは淡い黄色)の花が咲く、オトコオミナエシなる現代的な品種もある。

 

・開花は8~9月で、茎の上部に大きな花序を作り、そこに小さな白い花を密生させる。花の後にできる果実には団扇型の羽根があり、風によって拡散される。

 

・葉は直立する茎から対になって生じ、深い切れ込みのある羽根状になり、縁にはギザギザが目立つ。茎の根元からは匍匐枝(走出枝)と呼ばれる赤い蔓状の茎が横に伸び、その先に新たな株を作る。条件の良い場所では地上を縦横無尽に広がり、大群落をなす。茎、葉そして根には白くて粗い毛がある。

 

・オミナエシと同様、刈り取ったものが乾燥すると、腐った醤油のような匂いを生じるが、秋に採取した根を乾燥させたものを煎じて飲めば、解熱や解毒に効果があるという。漢方名は「白花敗腐」で、若葉も湯がいて食べることができる。

 

【開花時期】

・8~9月

 

【花の色】

・白

  

【背丈】

・60~100cm

 

【品種・似ている草花】

・カノコソウ