庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > オキナグサ

オキナグサ(翁草)

日本 オキナグサ
「おじいさんの白髪あたま」というには美しすぎる
おきなぐさ 絶滅危惧
自生地は、こうした場所が多い
オキナグサ 花 画像
紫色の萼の中に、黄色い花が隠れている

【オキナグサとは】

・日当たりの良い山野に分布するキンポウゲ科の多年草。春に咲く花に派手さはないが、控えめな様子がかえって日本人を魅了し、代表的な山野草に数えられる。

 

・オキナグサという名前は花の後にできる綿毛に由来する。そのユーモラスな姿から、ネコグサ、テングノモトドリ、ガクソウ、チチコなど地方名が多く、昔から日本各地で親しまれる。

 

・花弁に見える赤紫色の部分は「がく」であり、花はこの中に咲く。

 

・開花期の背丈は10センチほどだが、その後、茎が伸長して40センチほどになるため、季節によっては別の草花に見える。

 

・花の後にできる綿毛には、その一本一本に一個ずつ種があり、順次風で飛んでいく。茎、葉、花にも絹状の毛が多い。

 

・太くて丈夫な根を持ち、岩場や荒れ地など他の草が生えないような場所を好んで育つ。根は煎じて飲めば下痢や痔に薬効があるという。

 

【開花季節】

・4月~5月

 

【花の色】

・赤紫(萼の色)

 

【背丈】

・10~40cm

 

【似ている草花】

・プルサチラプルガーリス(洋種オキナグサ)