庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > オオケタデ

オオケタデ(大毛蓼)

オオケタデ 季節
秋に咲く穂状の花は紫色を帯びる
イヌタデ 花
茎や葉も紫を帯び、花の季節になるとよく目立つ

【オオケタデとは】

・中国など熱帯のアジア大陸を原産とするタデ科の一年草。背丈が2mに達し、茎や葉に細かな毛が密生することからオオケタデといい、オオタデ、トウタデ、ホタルタデなどの別名がある。

 

・日当たりがよく、やや湿ったような場所を好む。江戸時代に日本へ渡来し、観賞用として植えられたものが勝手に野生化し、今では全国の路肩や野原に見られる。育て方は難しくないが、背丈も葉も大きいため、他の草花との調和は難しい。

 

・花期は10月ころで、画像のような花が咲く。花の紅色が濃いものを特にアカバナオオケタデと呼ぶ。 

 

・かつては茎、葉、種子を生薬とし、虫刺されや解毒に用いた。葉はマムシの解毒に使うこともあり、それを意味するポルトガル語の「ハブテコブラ」という別名もある。

 

【開花季節】

・10月~11月

 

【花の色】

・紅紫色

 

【背丈】

・~200cm

 

【似ている草花】

・オオイヌタデ

・イヌタデ