庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > イヌタデ

イヌタデ/いぬたで/犬蓼

Tufted knotweed

いぬたで,花
花期は長いが、秋が一番目立つ
1年草であり、春から秋までの間、盛んに育つ
1年草であり、春から秋までの間、盛んに育つ
茎は赤味を帯びる
茎は赤味を帯びる
あかまんま,花
花言葉は「あなたのお役に立ちたい」
あかまんま,雑草
茎は地を這うように伸び・・・
犬蓼,雑草
一面に繁茂する

【イヌタデとは】

・日本全国の低地に分布するタデ科の一年草。日当たりの良い道端や田畑の畔、草原等で普通に見られ、アカマンマという別名もよく知られるが食用にならず、役に立たないタデという意味でイヌタデと名付けられた。日本以外では中国やマレーシアに自生する。

 

・開花期間は6~11月と長く、その間、ポツポツと咲き続けるが、他の花が少ない秋にはよく目立つ。花は長さ2ミリほどの小さな円柱形で、枝先にできる長さ1~5センチの花穂に密生する。色は薄紅で花弁はなく、深く4~5つに裂けた萼だけがある。

 

・アカマンマという別名は、花や実をママごとの御飯に使ったことによる。毒性はなく「蓼食う虫も好き好き」のとおり食べられなくもないが、旨味はなく、ヤナギタデのような辛味もない。

 

・花の後には卵形をした直径2ミリほどの果実ができ、秋になると艶やかな黒褐色に熟す。種子にはトゲ状のものが3本あり、三角形に近い。

 

・葉は長さ4~8センチ、幅1~2センチの細長い楕円形で、托葉と呼ばれる基部の縁と裏面の葉脈上に細かな毛が生じる。茎の下部は地面を這い、枝分かれした後に直立するが、茎の途中からも枝を出し、こんもりとした形状になる。

 

【開花季節】

・6~11月

 

【花の色】

・薄紅

 

【背丈】

・20~50cm

 

【イヌタデの品種】

・シロバナイヌタデ

 文字どおり白い花が咲く品種

 

【イヌタデに似ている草花】

オオケイヌタデ(オオイヌタデ)

 北半球の温帯に広く分布する一年草で、草丈が50~120センチになる。茎は太く、赤みを帯びている。

 

・ヤナギタデ(ホンタデ/マタデ)

 刺身のツマに使われるタデ