庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > イタドリ

イタドリ(虎杖)

itadori
イタドリは草全体を食用、薬用にする
いたどり 特徴
開花時期は7~10月
イタドリの花 画像
雄花には8本の雄しべがある
イタドリ 茎 画像
茎は中が空っぽで斑点模様がある

【イタドリとは】

・本州から奄美大島までの広い範囲に分布するタデ科の多年草。主に日当たりの良い土手に群生する。薬用、食用として広く親しまれ、スカンポ、サジッポなど方言名も多い。

 

・イタドリという名前は、若葉をもんで患部に当てると傷の痛みが治まる(=痛取り)という民間療法に由来する(諸説あり)。

 

・雌雄異株で夏には画像のような花を咲かせる。花びらのように見える白い部分は花びらではなく「萼(がく)」。花の後にできる実の大きさは1センチ前後。

 

・葉は卵形っぽい楕円形で先端が尖り、くっきりとした葉脈があるのが特徴。戦時中は煙草の代用にこれを用いた。若葉は柄を取り除いて天婦羅に、生の葉汁は虫刺され薬に使うことができる。

 

・若い茎は甘酢漬け、塩漬け、酢味噌和え、ゴマ和えなどにして食用とする。蓚酸を含むので多食はしない方がよい。

 

・茎は竹のようだが根も竹のように硬く地下を這う。春先に出るタケノコのような新芽はやや酸っぱいが、皮を剥いで塩をつければ食べられる。根も薬用になり漢方では虎杖根と呼ぶ。蕁麻疹、便秘に効果があるとされる。 

 

【開花季節】

・7月~10月

 

【花の色】

・クリーム色

 

【背丈】

・~150cm

 

【種類】

・オオイタドリ

 日本海側の山野に多い品種で名前のとおり草丈が大きく、2~3mになる。イタドリに比べると葉の表面はツヤツヤし、茎及び葉脈沿いに短毛があるため裏面が白く見えるのが特徴、

・メイゲツソウ

 高地に自生し、紅色の花を咲かせる。