庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > アマドコロ

アマドコロ(天野老)

アマドコロ 斑入り
ナルコユリに似るが、花が少ない(画像は斑入り種)

【アマドコロとは】

・日本全国の山野や木陰に見られるユリ科の多年草。ヤマイモの仲間であるトコロ(オニドコロ)に似て、根に甘味があることから名付けられたという。実際にはトコロに似ていないが、盛んに食用されたのは確かであり、キツネノチョウチン、チョウチンバナ、ヤマドロ、ヒメイモ、イズイなど地方名が多い。

 

・開花時期は4~6月で、長さ2センチ弱の鈴のような小花が葉の付け根にできる。花はよく見ると先端が浅く六つに裂ける。花の後には黒い実ができる。

 

・若芽は天婦羅、油いため、味噌和えなどにして食用できる。

 

・根は地下茎で、年に一節ずつ伸びるため、模様状のものがある。細根を取り除き、乾燥させた根は、打ち身、老化防止、滋養強壮のための薬用とする。また、ホワイトリカーにコレを漬け込んだ「アマドコロ酒」には美白効果があるという。 

 

【開花季節】

・4月~6月

 

【花の色】

・白(先端は緑色)

 

【背丈】

・~80cm

 

【似ている草花】

・ナルコユリ

 アマドコロは茎が角ばるが、ナルコユリは丸い。また、アマドコロの花は1か所から1~2個だが、ナルコユリは3~5個ずつぶら下がり、花の長さも長い。

・ホウチャクソウ

 アマドコロの茎は分岐しないが、ホウチャクソウは上の方で枝分かれする。