庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ガガブタ

ガガブタ/ががぶた/鏡蓋

Water snowflake

ががぶた,水草
花言葉は「純情」「信頼」など

【ガガブタとは】

・本州、四国及び九州に分布するミツガシワ科アサザ属の多年草。日本に在来する水草の一つであり、水深の浅い池や沼の水面に葉を浮かべて育つ。夏に咲く白い花は繊細な作りで美しいが、生育環境の悪化により絶滅が危惧されている。

 

・ガガブタという朴訥な名は漢字のとおり「鏡のフタ」を意味する。鏡のように煌めく水面にフタをするように葉が浮かぶこと、あるいは本種の葉を手鏡のフタに見立てたことによる。別名はオトコジュンサイ、イカリモなど。

 

・学名はNymphoides indicaで、「東インドに産するヒツジグサ属に似たもの」を意味する。日本以外では朝鮮半島、中国、オーストラリアなどに分布。

 

・花は直径2センチ前後。花冠(花弁)は深く五つに裂け、中央部は黄色に染まり、長い毛がある。カラスウリほどではないが、花弁の縁が細かな糸状に裂けるのが特徴。花の後には楕円形の乾いた実ができる。

 

・葉はハート形あるいは円形に近い卵形で基部は深く裂ける。直径は7~20センチほどで、細長い茎から1~3枚の葉が互い違いに生じる。夏から秋にかけて葉柄の基部に「殖芽(しょくが)」と呼ばれる新芽を付けて越冬するのも本種の特徴。

 

【ガガブタの開花時期】

・7~9月

 

【花の色】

・白

  

【草丈】

・─(水深による)

 

【ガガブタににた草花】

 ヒツジグサ スイレン

 アサザ   コウホネ