庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > クリンソウ

クリンソウ(九輪草)

くまがいそう 自生地
藪の中に群がって自生する

【クリンソウとは】

・山間の湿地や低地の川沿いに見られるサクラソウの一種。サクラソウとしては大型で、花は長く伸びた茎に階段状に咲く。その様子を五重塔の屋根に立つ九輪(相輪)に見立てて名付けられた。

 

・北海道、本州及び四国地方に自生し、地方によっては、ホドケ、ホンドケ、シチカイソウなどと呼ぶ。

 

・花期は春で、他の草花に先駆けて咲く。葉は長さ20センチほどのヘラ形で茎の元から生じる。中央の葉脈がよく目立つのが特徴。

 

・自生地では絶滅が危惧される一方、観賞用に広く出回っており、育て方も難しくはないが、夏の暑さや乾燥に弱い。

 

【開花時期】

・4月~5月

 

【花の色など】

・ピンク、白、黄色など

 

【背丈】

・50~80cm

 

 

【名前が似た草花】

クガイソウ