庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > クリンソウ

クリンソウ/くりんそう/九輪草

くまがいそう 自生地
藪の中に群がって自生する
桃色のくりんそう
花の色はピンクや・・・
くりんそう,花
白い花
クリンソウの種類
そして、黄色い花もある
クリンソウの葉っぱ,画像
葉は大型で葉脈が目立つ

【クリンソウとは】

・北海道、本州及び四国に自生するサクラソウの一種。山間の湿地や低地の川沿いに見られ、日本に自生するサクラソウの中では最も大きく育つ。地方名はホドケ、ホンドケ、シチカイソウ、ナナカイソウ、シチジュウソウなど。 

 

・開花は春で、花は長く伸びた茎で2~5段の階段状に咲く。その様子を五重塔の屋根に立つ九輪(相輪)に見立ててクリンソウと名付けられた。花冠(花弁)は紅色でその濃淡には個体差があり、白やピンク色になる園芸品種もある。花の後には乾いた球形の実ができる。 

 

 

・葉は長さ20センチほどの幅の広い楕円形。すべて茎の元から生じ根生葉というタイプの葉で、縁はギザギザになり、中央の葉脈がよく目立つのが特徴。

 

・自生地では絶滅が危惧される一方、観賞用に広く出回っており、育て方も難しくはないが、夏の暑さや乾燥に弱い。また、サクラソウと同様、茎葉には毒性がある。

 

【クリンソウの開花時期】

・4月~6月

 

【花の色】

・紅、ピンク、白、黄色など

 

【草丈】

・40~80cm 

 

【クリンソウに似た花】

サクラソウ

 

【名前が似た草花】

クガイソウ