庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > クマガイソウ

クマガイソウ(熊谷草)

クマガイソウ 画像
アツモリソウに似るが色と大きさが違う
くまがいそう 自生地
藪の中に群がって自生する

【クマガイソウとは】

・深山の木陰や竹林など、日陰を好んで自生するラン科の多年草。春に咲く奇妙な形に観賞価値があるとして人気が高い。

 

・袋状になっている花びらの一部を、源平合戦の頃に武将が身に着けていた「母衣(ほろ)」に見立て、より大きな方を「青葉の笛の一騎打ち」で勝利した熊谷直実にちなんでクマガイソウ、小さな方を敗者である平敦盛にちなんでアツモリソウと名付けた。

 

・花の様子からチョウチンバナ、キツネノチョウチンなどと呼ぶ地方がある。花は条件がよければ直径10センチほどになる。

 

・クマガイソウの葉は、上方の2枚が長さ20センチほどの扇型になり、画像のようなひだが目立つのが特徴。下の方の葉は鞘状になり、上下で葉の形がまったく違う。

 

【開花時期】

・4月~5月

 

【花の色など】

・クリーム色と紅紫色

 

【背丈】

・20~40cm

 

【似ている草花】

・アツモリソウ

 北海道南部及び中部以北の本州に見られる多年草。花の形は同じような感じだが、色は淡いピンク色で、より美しい。クマガイソウとは違って日向を好むため、背丈はより高くなる。クマガイソウは地下茎で横へ増えるが、アツモリソウは点在する。

 

【名前が似た草花】

・クガイソウ