庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > クガイソウ

クガイソウ(九階草)

クガイソウに似た花 画像
花言葉は「明るい家族」など

【クガイソウとは】

・やや標高の高い山に自生するゴマノハグサ科の多年草。風になびく涼しげな花は高原の夏を代表する。湿気を好み、谷沿いや湿り気のある草原に多い。

 

・茎は直立し、そこに4~6枚の葉が車輪状になって整然と生じる。その様子を寺院の塔の上に立つ九枚の円盤(九階)になぞらえ、九階草と名付けられた。(ちなみにクリンソウもほぼ同じ理由)

 

・花は小さな筒型の小花が穂状に集まってできている。画像のように下から順に開花するのが特徴。よく見るとシベが外へ突き出している。

 

【開花時期】

・7月~8月

 

【花の色】

・青紫色

 

【背丈】

・~150cm

 

【品種】

・自生地によって、エゾクガイソウ、ナンゴククガイソウ、ツクシクガイソウなどがある。エゾクガイソウとツクシクガイソウは葉の裏に毛が密生し、ナンゴククガイソウは花弁の先端が丸い。

 

【似ている草花】

・エチゴトラノオ~青森から北陸の日本海側に分布

・ヒメトラノオ~葉が狭く、花期がより遅い

・トウテイラン~中国地方の日本海側に分布

 

【名前が似た草花】

クマガイソウ