庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ギボウシ

ギボウシ(擬宝珠)

Plantain Lily/Hosta

擬宝珠,山菜
観賞用だけでなく山菜「ウルイ」として食用される(コバギボウシ)
ウルイッパ,山菜
葉脈のはっきりした葉が特徴(オオバギボウシ)
ぎぼうし,ツボミ
命名の由来となる蕾の様子(オオバギボウシ)
hosta flower
花言葉は「沈静」「落ち着き」(画像はオオバギボウシ)
ウルイの花
花は朝開いて夕方にしぼむ「一日花」(オオバギボウシ)
ウルイッパ,花
花は下から順に咲く(キヨスミギボウシ)
ウルイの実
実の様子(オオバギボウシ)
日陰のカラーリーフ
園芸品種が多くカラーリーフとして使われる(スジギボウシ)
ブルーサークル
ブルーサークル

【ギボウシとは】

・日本全国の山地に分布するユリ科ギボウシ属の多年草。盛夏に咲く清楚な花や葉脈のはっきりした明るい葉の雰囲気が好まれ、江戸時代後半から盛んに交配された結果、数多くの園芸品種が下草として庭園に使われるようになった。また、新芽や葉柄はウルイという名で山菜として親しまれる。

 

・ギボウシは東アジアの特産で、その自生種は約40種類あるが、ほとんどが日本に自生する。花が美しいのはミズギボウシ、タチギボウシ、イワギボウシなどだが、最も普通に見られるのはオオバギボウシとコバギボウシの二種。

 

・オオバギボウシは北海道と本州の山地林内に分布し、コバギボウシは北海道から九州までより広く分布する。山菜として好まれるのはオオバギボウシだが、花がより美しいのは後者。コバギボウシの花は内側に紫色の筋があり、花全体が紫色に見える。また、オオバギボウシは葉脈が隆起しているが、コバギボウシは葉脈が凹んでいるという違いもある。

 

・開花は7~9月で、60~100センチほどの花茎の先に、ユリに似たラッパ型の花を咲かせる。花色は品種によって青紫、淡い青、白色など。蕾(あるいは葉)の様子が、橋の欄干を装飾する擬宝珠(ぎぼうしゅ)に似ているとして命名された。

 

・ギボウシには一般的な茎はなく、葉は根元から斜めに立ち上がる。普通は先端の尖った卵形の葉になるが、地域差や個体差が大きい。葉の縁にギザギザはなく、平行に走る葉脈が目立つ。他に類を見ない多肉質で美しい葉は、生け花にも使われる。

 

・ウルイやウルイッパという山菜としての名前は、葉の雰囲気がウリの皮に似ていることに由来する。新芽、葉柄、花、蕾は和え物、天婦羅、御浸しなどにして食用され、葉柄はカンピョウのような味がするため、ヤマカンピョウの別名がある。茎や生の葉を火で炙ったものは腫物のい治療に使われる。

 

 

【開花時期】

・7月~9月

 

【花の色など】

・青紫色、淡い青、白

 

【背丈】

・30~100cm