庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > キンミズヒキ

キンミズヒキ(金水引)

Japanese argimonia

ヒッツキグサ,黄色い花
そこらじゅうに生えるヒッツキムシの一つ
ヒッツキグサの種類
ミズヒキと同じころに開花する
キンミズヒキ
花は意外に大きく、直径1センチ弱になる
きんみずひき,草花
小さな葉が集まって、手のひら状になる
ひっつきぐさ,名前
葉の大きさは、まばら

【キンミズヒキとは】

・本州、四国及び九州に分布するバラ科の多年草。日当たりの良い路傍、疎らな山林、野原などで普通に見られる。慶弔事の封筒に使う水引に喩えられるミズヒキはタデ科であり、本種がその黄花種というわけではないが、同じように金粉をまぶした水引に見立てて、キンミズヒキと名付けられた。

 

・葉は茎から羽根状に広がるが、大きさは不揃いになる。葉の付け根には小さな葉のような「托葉」と呼ばれるものがハート型に付いているのが特徴。早春に採取した若菜は和え物、御浸しなどにして食べることができる。

 

・開花は7~9月で、分岐した茎の先端に黄色い五弁花を穂状に咲かせる。実ができる頃の萼片は鈎状になっており、動物や人間の衣類に付着して種子を拡散する。同時期に開花するヌスビトハギと同様、いわゆる「ひっつき虫」の一つで、地方によってヒッツキグサ、ナゴミ、ナモミ、ヌストグサ、ノサバリコ、キチガイなどというが、いずれも衣服に付着した本種と格闘する様を表す。

 

・普通は草丈が50センチほどにとどまるが、湿気と養分のある場所では1mを超える。葉や茎には長い毛が密生し、これも衣類に付着する手助けとなる。

 

・生薬名を「竜牙草(りゅうげそう)」といい、民間療法では草全体を煎じたものが胃腸病、下痢止め、扁桃腺炎、湿疹などに効果を上げるという。キンミズヒキが薬草となるのは、草全体に粘膜を収縮する作用のあるタンニン等を含むため。こうしたことから漢方で下腹部の痛みを意味する「疝気(せんき)」にちなんだセンキグサという別名もある。

 

【開花時期】

・7月~9月

 

【花の色など】

・黄色

 

【背丈】

・30~100cm