庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > キチジョウソウ

キチジョウソウ(吉祥草)

きちじょうそう,花
キチジョウソウの花言葉は「吉事」
吉祥蘭,葉
葉はヤブランやリュウノヒゲに似る

【キチジョウソウとは】

・中国あるいは日本を原産とするユリ科の多年草。その起源には諸説あるものの、古い時代に中国から日本へ渡来したものが野生化したという説が有力。現在では関東地方以西の低地や樹林内で見られる。

 

・この花が咲くと家に良いこと(=吉祥)が起きるという中国の言い伝えに基づいてキチジョウソウ(吉祥草)と命名された。別名は「吉祥蘭」「観音草」など。中国ではヤブランリュウノヒゲと同じように咳止めの薬草として使う。

 

・開花は他の花が少ない9~12月で、葉の間から直立する短い茎に画像のような小花が10輪程度がまとまって咲く。花には6枚の肉厚な花弁があり、下から順に咲く。

 

・開花は稀なわけではなく、葉の長さや葉の多さの割に花穂が小さくてその数が少なく、花を見付けにくいことが縁起物とされる所以。考えられている。

 

・花の後には紅紫色の実が生じ、翌年の開花まで残る。実の中には直径5ミリ位の種子が数個含まれ、野生動物によって散布される。

 

・キチジョウソウの繁殖力は高く、似たような葉を持つヤブランと同じように半日陰でも丈夫に育つ。根や茎は地表を這うように横へ伸び、そこから長さ30センチほどの葉が束になって生じる。日向の葉は緑が薄いが、日陰の葉は濃緑になって美しい。葉には3~5本の葉脈が縦に走る。 

 

【開花時期】

・9月~12月

 

【花の色など】

・淡い紅紫色

 

【背丈】

・10~30cm