庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ガガイモ

ガガイモ

Rough potato

写真
ガガイモの花は夏に咲く
毒性 ががいも
蔓や地下茎が伸びるため、育てるのは簡単
ガガイモ 食べる
葉は細いハート型。若菜は食べることができる
ががいも 毒性
成葉は大きくて光沢がある

【ガガイモとは】

・日本全国に分布するガガイモ科のツル性多年草。日当たりがよく、やや乾燥した場所を好み、他の植物にツルを絡めながら育つ。原野や道端で見ることができる。

 

・ガガイモには、「長い旅先でガガイモとクコを食うな(=強壮効果が絶大であり、旅先での浮気につながる)」という言い伝えがある。若い実は天婦羅や味噌漬けにして、若芽や蔓は天婦羅、御浸し、和え物、酢の物などにして食べることができる。

 

・葉はイモと同じように細いハート型。表面には艶があり、裏面は白い。葉や蔓を切ると乳液がにじみ出るが、これには解毒作用があり、虫刺されに効果があるという。

 

・花期は夏で、画像のような先端が五つに分かれた花が咲く。花はややや紫色を帯び、内側は一面に細かな毛があるのが特徴。

 

・実は長さ10センチほどで垂れ下がり、熟すと割れて中から長い綿毛のある種子が顔を出す。この綿毛を集めて針指しやスタンプの印肉を作ることができる。

 

・チグサ、ゴガミ、クサパンヤなどの別名がある。また、伝説上の生き物「ケセランパサラン」の正体は上記の綿毛とされることが多い。

 

【開花時期】

・8~9月

 

【花の色】

・白

  

【背丈】

・蔓性

 

【品種・似ている草花】

・イケマ