庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > フクジュソウ

フクジュソウ(福寿草)

Amur adonis

ふくじゅそう,花
縁起物だが、花言葉は「恋の記憶」「悲しい思い出」
ふくじゅそう,葉
フクジュソウの葉っぱは人参に似る
福寿草,元日草
フクジュソウは実にも毒がある

【フクジュソウとは】

・北海道及び中部以北の本州を原産とするキンポウゲ科フクジュソウ属の多年草。旧正月に黄金色の花を咲かせるため、新年を祝う草とされ、江戸時代の後期には100を超える園芸品種が作り出された。別名には、元日草、福神草、福徳草、長寿草、朔日草(ツイタチソウ)など縁起を担ぐものが多数ある。

 

・冷涼な山間の木陰を好み、日本では北海道に多いが、石灰岩質のアルカリ土壌を好むなど生育条件が厳しく、自生は稀になりつつある。寒さに強く、ロシアや中国北部、朝鮮半島には近縁種が分布する。

 

・早春、葉が広学前に咲く花は、ヤマブキにも通じる光沢のある黄金色。朝開くと太陽の方を向き、夕方には閉じるが、翌朝にまた開く。花の形は一重、花弁は20~30枚が基本だが、二段咲き、三段咲き、菊咲きなど品種によってその色形は多様になる。現在は江戸時代ほど多くの品種は残っておらず、レアな品種はマニアの収集対象になっている。

 

 

・年末に正月の床飾り用として店頭に並ぶフクジュソウは促成栽培品であり、冷凍したり温室に入れたりして開花時期をコントロールしている。他に年末に店頭に並ぶ縁起物には、クロマツウメヤブコウジセンリョウマンリョウナンテンなどがある。

 

・フクジュソウの根は小さな塊で、そこから暗褐色の太い根と高さ10~20センチの茎を直立させる。正月以外はあまり話題にならないが、花の後にはニンジンのような葉を茂らせ、実を結ぶ。しかし、葉は夏になると枯れ落ち、どこにフクジュソウがあるのか分からなくなる。

 

 

・草全体に強心配糖体のシマリンとアドニンが含まれ、強心剤に使うとされるが、劇薬であり素人が手を出すのは禁物。誤って口にすると重篤な心臓障害を引き起こし、時には死に至るという。

 

・学名や花言葉はギリシャ神話に登場するアドニスと共通するが、ヨーロッパに自生し、夏に深紅の花を咲かせるアドニスとは別物。日本では、親が決めたモグラの神との結婚を嘆いた女神(クノウ)が、神に踏みつけられてフクジュソウになったという哀しいアイヌの伝説がある。

 

【開花時期】

・2~3月

 

【花の色】

・黄色、白、クリーム色、ピンクなど

 

【背丈】

・10~70cm

 

【品種】

・フクジュカイ(福寿海)

 ミチノクフクジュソウとフクジュソウの雑種。花弁が多くて見栄えが良いわりに丈夫で管理しやすいため、店頭でフクジュソウとして売られていることが多い。

黄色い花,正月
フクジュカイ(福寿海)
ふくじゅそう
フクジュカイの葉