庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ジャノヒゲ

ジャノヒゲ(蛇髭)

庭にリュウノヒゲ
別名リュウノヒゲも名高い
リュウノヒゲ,画像
自生地は日陰が多く、庭の下草として使い勝手が良い
玉竜の実
秋には青い実がなる(画像は矮性のタマリュウ)

【ジャノヒゲとは】

・本州北部以西、四国及び九州に自生するユリ科の多年草で別名のリュウノヒゲもよく知られる。少し開けた林の木の根元や草原に自生しており、日陰に強いため庭園では下草やグランドカバーとして多用される。日本以外でも朝鮮半島や中国、ヒマラヤ付近に見られる。

 

・葉は落ち着いた濃緑色で、幅は2~3ミリほど。硬質で縁に細かなギザギザがあり、手で触れると多少ザラザラした感じがある。葉は根元から束になって生じ、放任すると丸い塊のように育つが、時折、根とは別に「走出枝(横出枝)」が生じ、新たな株を作る。

 

・夏になると葉に埋もれるようにして小さな花を咲かせる。花色はくすんだ薄紫あるいはクリームで、よく見ると6枚の花弁を持つ綺麗な花だが、普通は花数が少なく、下向きに咲くため見付けにくい。

 

・花の後には直径8ミリほどの丸い実ができ、秋になるとサワフタギのように青く熟す。この神秘的な実にちなんで、ネコノメ、リュウノメという別名もある。

 

・ジャノヒゲの根はまさにヒゲ状でところどろろに「塊根」と呼ばれる小さなイモのような塊がある。この塊根はサポニンやステロイド配糖体のオヒオポコニンという物質を含み、乾燥させたものは「麦門冬」という生薬になる。煎じたり、酒に漬け込んだりして飲めば、滋養強壮、咳止め、痰止めなどに効果を発揮するという。漢名は「書帯草」という。

 

・ジャノヒゲには耐寒性、耐暑性があり、丈夫な性質を持つが、乾燥には弱い。

 

・日陰でも育つ植物として人気だが、日向では背丈が低く、葉色が薄くなる。

 

・手入れは簡単であり、年に一回(春先に)、根元からすべての葉を刈り払うと、その後は背丈の低い株が密生した状態になる。

 

【開花時期】

・6月~7月

 

【背丈】

・10~30cm

 

【似ている草】

ヤブラン

 同じような雰囲気を持ち、庭の下草としてジャノヒゲ同様に使われる。漢方ではこれも麦門冬と呼ぶ。

 

・セキショウ

 

【品種】

・オオバジャノヒゲ(大葉蛇髭)

 本州、四国及び九州の山地に自生する品種で、葉の幅が4~6ミリ、高さが35センチほどとジャノヒゲよりも大きくなる。実は薄汚れた藍色になる。

 

・フイリジャノヒゲ

 

 葉に白い模様が入る品種。明るい雰囲気を持つため、現代的な洋風住宅でも違和感なく使える。  

 

・カブダチジャノヒゲ(株立蛇髭)

 根が横に広がらず、株立ち状に育つ品種

 

・タマリュウ(チャボジャノヒゲ/チャボリュウノヒゲ)

 繁殖はより遅く、背丈が大きくならない矮性品種。庭のグランドカバーなどとして多用され、ジャノヒゲよりも普及している。葉に模様が入る斑入りタマリュウ(縞玉竜)もある。

 

・コクリュウ(ムラサキリュウノヒゲ)

 葉が黒紫色になる園芸品種。ジャノヒゲと混ぜて模様を形作るような使い方をするのが一般的。 

 

玉竜,画像
タマリュウはグランドカバーとしてより広く使われる
玉竜,リュウノヒゲ
タマリュウを橋の縁取りにも用いた例
玉竜の品種
縞タマリュウ