ソバ/そば/蕎麦

Buckwheat

蕎麦の花
開花期の様子
ソバの葉
葉の縁は波打つが、ギザギザはない
Buckwheat
茎の様子
Buckwheat
花茎は葉に抱かれるように伸びる
そば,植物
ソバの花
Buckwheat
ソバには花柱(雌しべ)の長い花と短い花がある  
蕎麦畑
ソバ畑の様子

【ソバとは】

・中国雲南省~ヒマラヤ地方を原産とするタデ科の一年草。「年越しそば」などでお馴染みのソバは、この種子を粉にして小麦粉で繋いだもの。日本の伝統食のようなイメージもあるが、インドや中国北部をはじめ、世界各地で食用に栽培される。

 

・ソバが日本に渡来した時期は不詳だが、縄文時代の遺跡からソバ属の花粉が発掘されている。奈良時代には山畑で栽培されていたことが文献上明らかで、当初は飢饉の時に食べる救荒植物とされていたが、江戸の始めには今風のソバになった。我々が口にするソバの7割は海外産で主要な生産国はロシア、中国、ウクライナ。国内では北海道産が大半を占める。

 

・ソバの開花は初秋で、茎の先端や葉の脇から伸びる花柄に直径6ミリほどの小花を咲かせる。花は白あるいは淡い紅色だが花弁はなく、花弁のような萼がある。花には独特の香りがあり、畑一面に咲き揃う「蕎麦の花」は、初秋の季語として俳句にも詠まれる。

 

・自家不稔率は高いが1か月にもわたって次々に開花するためミツバチがよく集まり、結実しやすい。ソバの実は栄養価が高く、小麦よりも豊富なタンパク質やビタミンを含む。最初に挽いた粉の「更科(さらしな)」は最も白く、味もよいとされる。枕などに使われるソバガラは果実の外皮で、黒褐色あるいは銀灰色になる。 

 

・葉は長さ3~8センチの三角形あるいはハート形。下の方の葉は茎から対になって生じるが、多くは互い違いに生じる。日本ではあまり馴染みがないが、茎葉を家畜の肥料とする国もある。茎は1~4本に枝分かれし、根は地下1mくらいまで育つ。

 

・ソバは冷涼かつ湿潤な場所を好むが、土質はあまり選ばない。痩せ地でしか育たないと誤解されがちだが、地味の乏しいところにも耐えるだけで、肥えた土地であればなお育つ。救荒植物として都合が良かったのは、性質が丈夫であることに加え、種蒔き後2~3か月で結実し、年に2~3回収穫できるため。

 

・日本に普及しているソバは普通種だが、他にダッタン種(ニガソバ、インドソバ)がある。また、日本で栽培される普通種には5月頃に蒔いて夏に収穫する夏型、立秋の頃に蒔いて10月頃に収穫する秋型、そしてその中間型がある。北方には夏型が、南方には秋型が適するが、味は秋ソバが勝る。 

 

・ソバの語源については、①種子の外殻に角(=稜)があるムギを意味する「稜麦(ソバムギ)」が省略されたものとする説、②「ソバ=傍」で、傍は傍流などのように亜流を示し、第二のムギを意味するという説などがある。また、英名のBuckwheatは、ブナのような実がなる小麦という意味。

 

【ソバの品種】

・シュッコンソバ

 インド北部~中国南部の高地に自生する多年生(宿根)のソバ。茎の基部がより赤く、別名をシャクチリソバ(赤地利蕎麦)という。果実もソバに比べると赤みを帯び、ソバよりもやや大きい。シュッコンソバは日本にも薬用として伝わり、野生化したものが見られる。

 

【ソバに似た草花】

ミゾソバ

宿根蕎麦,植物
シュッコンソバ

ソバの基本データ

 

【分 類】タデ科/ソバ

     一年草

【漢 字】蕎麦(そば)

【別 名】ソバムギ/ソマムギ

     クロムギ

【学 名】Fagopyrum esculentum

     Moench.

【英 名】Buckwheat

【開花期】8~9月

【花の色】白、淡いピンク

【草 丈】~130cm