庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > サクラソウ

サクラソウ/さくらそう/桜草

Japanese primrose

さくらそう,はなことば
花言葉は「初恋」「純潔」「青春」など
桜草,若葉
自生地は激減しているが、こぼれ種で発芽しやすい
サクラソウ,有毒
葉、茎、萼などに毛が多いが、これに触れるとかぶれることも
Japanese primrose,leaf
裏面の様子
ニホンサクラソウ,クサザクラ
草丈は30センチほど
サクラソウ,特徴
萼の様子

【サクラソウとは】

・北海道南部(日高地方)、本州、四国及び九州に分布するサクラソウ科の多年草。日本を代表する花の一つであり、かつては山野の低湿地や平地の河川敷にも見られたが、近年その個体数は減っており、各地で保護活動が行われている。

 

・サクラソウ属の植物は北半球の各地に自生し、その品種は極めて多い。「サクラソウ」をサクラソウ属の総称として用いる場合もあるため、日本に自生するサクラソウをニホンサクラソウ、クサザクラ、ノサクラソウ、その他をセイヨウサクラソウと呼んで区別することもある。園芸用に流通するプランターなどの鉢植えは、セイヨウサクラソウ(=プリムラ)が多い。

 

・サクラソウという名は花冠(花弁)の先がサクラのようにくぼんでいることにちなむが、常磐桜、乙女桜、化粧桜、雛桜など風流な別名もある。変異や園芸品種が多く、花冠の色や形、切れ込みの入り方は多様で時にコレクションの対象となる。

 

・日本に自生するサクラソウは10数種類で、かつては東京近郊でも荒川/入間川流域(尾久、浮間、戸田など)に自生していたが、開発や乱獲によって昭和20年代以降にその多くが絶滅した。唯一、自生が残る田島ヶ原(さいたま市)は国の特別天然記念物であり、埼玉ではサクラソウを県の花に指定している。

 

・サクラソウの栽培が注目されるようになったのは江戸時代のことで、将軍家が江戸城に移植させたことによる。武士の間でも栽培が大流行した。現在は300種ほどが認定されているが、江戸の最盛期には700以上の品種が編み出されたという。数多い植物の中でも特にサクラソウが注目されたのは、江戸城近くに自生地があったことやサクラソウ自体に天然の変異が多いことによる。

 

・開花は4~5月で自生種の花色は紅紫が多いが、園芸品種は紅紫、白、ピンクを基本に変化に富む。花の直径は2~5センチほどで花冠(花弁)は大きく五つに裂け、さらにそれぞれの裂片が二つに浅く裂ける。花茎は葉よりも長く15~40センチになり、7~20輪が放射状に並ぶ。

 

・サクラソウの花には雌しべが雄しべよりも長いタイプのものと、雌しべが雄しべの中に埋没している二通りのタイプがあり、これによって自家受粉が抑えられている。萼は花の筒よりも短く、これも五つに裂ける。果実は直径5ミリほどの楕円形で、原種は結実しやすい。

 

・葉は全て株元から生じる「根生葉」で多数が四方に開帳する。長さ4~19センチ、幅3~6センチで全体としては大きな楕円形だが、縁には浅い波状の切れ込みがあり、表面はシワシワで細かな毛を生じる。

 

・茎葉、花柄、萼には多細胞の白い軟毛が密生するが、セイヨウサクラソウや中国産で四季咲き性のトキワサクラソウの軟毛には毒性には毒性があり、触れると皮膚炎を起こすことがある。

 

・根茎は短く、多数のヒゲ根を出しながら横に這う。漢方では桜草根(おうこんそう)」といい、民間療法では乾燥させた根を煎じたものを咳や痰を鎮めるのに用いる。

 

【サクラソウの開花時期】

・4月~5月

 

【花の色】

・紅紫、ピンク、白など

 

【草丈】

・15~30cm 

 

【サクラソウに似た草花】

クリンソウ

・ユキワリソウ

・シバザクラ(ハナツメクサ)

 

【サクラソウの品種】

あおばのふえ
青葉の笛
アカトンボ
赤蜻蛉(あかとんぼ)

あきのよそおい
秋の装い
アケガラス
明烏(あけがらす)

アケノタマガキ
朱の玉垣(あけのたまがき)
あさがすみ
朝霞

あさひ
朝日
アサヒノタモト
旭の袂(あさひのたもと)

あさま
浅間
アスカガワ
飛鳥川(あすかがわ)

アズマウタ
東唄(あずまうた)
アズマカガミ
東鑑(あずまかがみ)

アデスガタ
艶姿(あですがた)
ありまやま
有馬山

あやなみ
綾波
イザヨイ
十六夜(いざよい)

イヅツ
井筒(いづつ)
イッテンシンカイ
一天四海(いってんしかい)

ウカレジシ
浮かれ獅子
うきふね
浮舟

ウスジャノメ
薄蛇の目(うすじゃのめ)
うちゅう
宇宙

ウブゴエ
初声(うぶごえ)
うらるのはる
ウラルの春

えきじのすず
駅路の鈴
オオサカズキ
大盃(おおさかずき)

カガミカケ
鏡帛(かがみかけ)
かざぐるま
風車

かしま
鹿島
かすみのころも
霞の衣

カヨイコマチ
通小町(かよいこまち)
カラコアソビ
唐子遊び(からこあそび)

カラコロモ
唐衣(からころも)
ガリュウバイ
臥竜梅(がりゅうばい)

カンセンデン
甘泉殿(かんせんでん)
きげんしし
機嫌獅子

キヌタ
砧(きぬた)
キヒノユメ
貴妃の夢(きひのゆめ)

きみのうたげ
君の宴
キョウガノコ
京鹿の子(きょうがのこ)

キョッコウ
極光(きょっこう)
ギンクジャク
銀孔雀

ぎんせかい
銀世界
クイサキガミ
食裂紙(くいさきがみ)

くものうえ
雲の上
クルマジロ
車白(くるまじろ)

げんじぐるま
源氏車
コウテンメイカク
紅天鳴鶴(こうてんめいかく)

コザクラゲンジ
小桜源氏(こざくらげんじ)
ごだいしゅう
五大州

ことぶき
寿
こまどめ
駒止

ササナキ
笹鳴(ささなき)
サンカハクウ
山下白雨(さんかはくう)

シオケムリ
汐煙(しおけむり)
しがのみやこ
志賀の都

しきのみね
四季の峰 
シシガシラ
獅子頭(ししがしら)

シシンデン
紫宸殿(ししんでん)
しちけんじん
七賢人

シノノメ
東雲(しののめ)
しぼりたつた
絞竜田(しぼりたつた)

じゅうにひとえ
十二単
しゅちゅうのたま
酒中の玉

しらたき
白滝
シロトンボ
白蜻蛉

シンセツ
新雪
すいびじん
酔美人

スミゾメガワ
墨染川(すみぞめがわ)
ぜんだいみもん
前代未聞

せんゆう
戦友
そとおりひめ
衣通姫(そとおりひめ)

タイミンニシキ
大明錦(たいみんにしき)
たいめん
対面

タイリキムソウ
大力無双(たいりきむそう)
だておとこ
伊達男

タマノカンムリ
玉の冠
タマフヨウ
玉芙蓉(たまふよう)

ちよのうめ
千代の梅
トウチリメン
唐縮緬(とうちりめん)

デイチュウノタマ
泥中の玉(でいちゅうのたま)
てびょうし
手拍子

なんきんこざくら
南京小桜
におううめ
匂う梅

ハギノウワカゼ
萩の上風(はぎのうわかぜ)
はくさせいしょう
白砂青松(はくしゃせいしょう)

ハツスガタ
初姿(はつすがた)
ハツセヤマ
初瀬山(はつせやま)

はなぐるま
花車
はなすりころも
花摺衣

ひかるゆき
光る雪
ヒグラシ
日暮(ひぐらし)

びじょのまい
美女の舞
フキアゲザクラ
吹上桜

ふじのゆき
富士の雪
ふらめんこ
フラメンコ

ブレイコウ
無礼講(ぶれいこう)
べにかがり
紅かがり

べにじょおう
紅女王
ほくとせい
北斗星

まいこのあさひ
舞子の旭
マツノクライ
松の位(まつのくらい)

まつのゆき
松の雪
まどのうめ
窓の梅

マンザイラク
万才楽(まんざいらく)
ミケンジャク
眉間尺(みけんじゃく)

みずかがみ
水鏡
みたじまん
三田自慢

みほのこじ
三保の古事
むらさきしきぶ
紫式部

ミョウチリキ
妙智力(みょうちりき)
モミジバシ
紅葉箸(もみじばし)

もものさかずき
桃の盃
もものさと
桃の里

モモヨグルマ
百夜車(ももよぐるま)
ヤツハシ
八橋(やつはし)

ユウガスミ
夕霞(ゆうがすみ)
ゆきのはだ
雪の肌

らしょうもん
羅生門
レンヅル
連鶴(れんづる)