庭木図鑑 植木ペディア > イワナンテン

イワナンテン/いわなんてん/岩南天

漢字表記:岩南天(いわなんてん)

別  名:イワツバキ

学  名:Leucothoe keiskei 

英  名:Keiskei fetterbush 

いわなんてん 葉っぱ
葉は長さ5~8cmで表面には光沢がある 
イワナンテン,いわなんてん,特徴
蕾の様子
イワナンテンの花
イワナンテンの開花は5~7月頃
岩南天,花,いわなんてん
花言葉は「節制」など
岩南天,花
樹高は最大2mほど(開花期の様子)
いわなんてん,葉っぱ
開花と同時に新葉が展開する
いわなんてんの実
イワナンテンの果実
イワナンテン,いわなんてん,低木
冬(蕾)の様子
いわなんてんの木
枝の様子
岩南天の木
冬季は枝が赤く色づくことも
イワナンテン,いわなんてん,画像
幹はなく、小枝が株立ち状に生じる

【イワナンテンとは】

・関東以西の本州(主に紀伊半島、中部地方南部、関東地方西部)を原産地とするツツジ科の常緑低木。深山にある日当たりの悪い崖地などに多い。背丈があまり大きくならないため、高木の根本や手水鉢の横などに植えられ、庭の脇役となる。個体によるが、茎(幹)が分岐して垂れるものも多い。

 

・岩場に生じ、ナンテンに似た葉を持つとして命名された。学名は明治時代の植物学者、伊藤圭介にちなむ。生け花の世界ではホソバヒイラギナンテンをイワナンテンと呼ぶことがあるが、分類上は関係がない。

 

・葉は茎から互い違いに生じる。長さ5~9センチ、幅1.5~3センチの卵形で分厚く、先端は尖る。上面は艶があって日陰にも映えるが、環境によっては赤味を帯びることも多い。枝は無毛だが若い木では褐色の毛があることも。

 

・5~7月にかけて、前年に伸びた枝にある葉の付け根から花序が伸び、アセビに似た筒状の白っぽい花を下向きに咲かせる。花は長さ3~5センチで先端は五つに裂け、10個ある雄しべが顔を出す。

 

・花の後にできる果実は直径7~8ミリほどの扁平した球形で、上向きにできる。果実が熟すのは10月頃で、中には両端の尖った長さ1.2ミリほどの種子が入っている。

 

【イワナンテンの育て方のポイント】

・湿気が多く、かつ排水の良い砂質の土壌を好む。

 

・性質はやや弱く、剪定を嫌う。また、植え場所の条件が悪いと病気になったり枯れたりすることがある。特に乾燥しやすい町中の庭や公園では生育が難しい。 

 

【イワナンテンの種類】

セイヨウイワナンテン(=アメリカイワナンテン)はオフィス街の緑化にも用いられるなど、丈夫な性質を持ち、日本のイワナンテンよりも育てやすい。

アメリカイワナンテン 花
セイヨウイワナンテンの花

 

【イワナンテンに似ている木】

ハナヒリノキ

 雰囲気は本種に似るが、枝葉が匍匐せず、低木状になる。

イワナンテンの基本データ 

 

【分類】 ツツジ科/イワナンテン属

     常緑広葉/低木

【成長】 遅い

【移植】 やや難しい

【高さ】 30cm~2m

【用途】 下草/鉢植/花材

【値段】 800円~