庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ジュズダマ

ジュズダマ(数珠玉)

数珠玉,草
ジュズダマの実はかつて、お手玉遊びに使われた
じゅずだま 花
花の様子
ジュズダマ 草 特徴
背丈は1mほどに

【ジュズダマとは】

・東南アジアを原産とするイネ科の多年草。古い時代に渡来したものが野生化し、日本全国に分布している。

 

・基本的には日当たりの良い湿地を好む。荒れ地に真っ先に生じる草本の一つであり繁殖力は高く、道路沿いや川原の土手に普通に見られる。

 

・秋にできる堅い果実が特徴的であり、これを数珠に見立ててジュズダマと名付けられた。地方によってはトウムギ(唐麦)、ツシダマ、ズズコ(数珠子)、スズダマ、ズズダマ、カワジュズ、ハチコクと呼ぶ。

 

・果実は灰色で直径9ミリほどで、先端が少し窪む。かつてはこれを用いて作った籠や手提げを「数珠子細工」と呼んだ。

 

・草丈は1mほどに、葉の長さは50㎝ほどになる。見た目はハト麦に似るが、ハト麦は一年草であることや実が柔らかい点で異なる。 

 

・初秋に葉の脇から画像のような目立たない花を咲かせる。花には雌雄がある。

 

・掘り出した根を乾燥させて煎じたものは神経痛やリューマチに効果があるとされ、民間療法で使われる。生薬名は「センコク(川穀)」あるいはセンコクコン(川穀根)」

 

【開花時期】

・9月~10月

 

【花の色】

・橙

 

【背丈】

・~100cm

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(ビオトープ/水辺植物)種子 ジュズダマ(数珠玉)(10g)
価格:640円(税込、送料別) (2018/8/29時点)