庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > シオン

シオン/しおん/紫苑

Tatarian aster

しおん,草花
花言葉は「君を忘れない」「追悼」など
背が高い薄紫の花
人の背丈より高くなるため「あの花、何?」と話題になりやすい
しおん,草花
花の中央部は黄色
植物,特徴
花の様子
葉っぱ
シオンの葉
紫苑,植物
花の後には種子ができ、やがて地上部は消え去る

【シオンとは】

・九州と中国地方の山間に分布するキク科の多年草。草丈2mを超える存在感を持ち、秋に咲く淡い紫色の花も見栄えがいいため、観賞用として庭に植えられることも多い。

 

・自生地としては阿蘇山の原野が知られるが、平安時代以前に薬用として中国から渡来したものが野生化したとする説もある。別名はジュウゴヤソウ(十五野草)、オニノシコグサ(鬼の醜草)など。

 

・開花は9~11月で、茎の頂部に小枝を出して多数の小花を咲かせる。花弁に見える「総苞片」は淡い紫色で先端が尖り、よく見ると短毛が密生する。花の中央にある管状の小花は黄色く、花に彩りを添える。

 

・シオンの葉には二通りあり、株元から生じる「根生葉」は大型で柄があり、群がるように直立する。一方、茎から生じる「茎葉」には柄がなく、上へいくに従って幅が狭くなる。

 

・漢名は「紫苑」で、古くから民間薬として咳止めや痰切りに用いられる。薬用にするのは冬季に掘り出した根で、乾燥させて煎じたものを飲用するが、これには特異な臭気と渋味がある。

 

【開花時期】

・9月~11月

 

【花の色など】

・淡い紫

 

【背丈】

・150~200cm

 

【シオンに似ている草花】

・シラヤマギク

 シオンほどではないが草丈大きく、同じ頃に白い花を咲かせる。

 

ゴマナ