庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > サワヒヨドリ

サワヒヨドリ/さわひよどり/沢鵯

Lindley eupatorium

さわひよどり,特徴
開花直前の頃の様子
フジバカマに似ている花
花はフジバカマに似る
沢ヒヨドリ,草花
淡い紫を帯びるのが基本だが、濃淡に個体差がある
見分け方
葉の表面には縦に走る3本の葉脈が目立つ

【サワヒヨドリとは】

・日本各地の山野に自生するキク科の多年草。日当たりがよく、やや湿った場所を好む。日本のヒヨドリバナには7種あるが、本種は湿地を好むためサワヒヨドリと名付けられた。別名(古名)はサワアララギ、アカマグサ、サワフジバカマなど。

 

・開花は初秋で、分岐した頂部に筒状の小さな花が密生する。花の色は淡い紫を帯びるのが普通だが、土質など環境によっては白っぽくなる。花はフジバカマに似るが、フジバカマは中国産であり、山野にはほとんど見られない。

 

・葉は長さ6~12センチ、幅1~2センチの楕円形で先端は鈍く尖り、縁には緩やかなギザギザがある。茎から対になって生じるのが普通だが、株が古くなると葉が3つに裂け、一箇所から6枚の葉が生じるように見える場合がある。よく似たヒヨドリバナの葉には柄があるが、本種には柄がない。

 

・茎はやや紫を帯びた紅色で、他のヒヨドリバナに比べると枝分かれは少なく、上の方には縮れた毛が生える。生の茎葉を揉んで虫刺されの薬とする民間療法がある。

 

【開花時期】

・7月~10月

 

【花の色など】

・淡い紫、白

 

【背丈】

・50~90cm