庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > セツブンソウ

セツブンソウ/せつぶんそう/節分草

Winter aconite

Winter aconite
開花は旧暦の節分の頃
セツブンソウ,蕾
雪解け後しばらくすると突然現れたように花茎が伸びる
せつぶんそう,ツボミ
白いのは花弁ではなく萼片
Winter aconite
花の下にある茎葉は線形
Winter aconite,flower
なんとシベのような黄色いものが花弁
2月3日の誕生花
花言葉は「気品」「人間嫌い」など
せつぶんそう,植物
雌しべは1~5個、雄しべは多数 
小さな白い花が咲く草花
セツブンソウの根生葉には長さ5~10センチの柄がある

【セツブンソウとは】

・関東地方~中部地方に分布するキンポウゲ科の多年草。日本の在来種で、アルカリ性の土壌を好み、石灰岩地帯の山間で稀に見られる。自生品は激減しているが園芸用に流通し、春の訪れをいち早く知らせる。

 

・セツブンソウの開花は2~3月で、旧暦の節分にあたるため、節分草と名付けられた。長さ5~15センチの花茎に、直径2センチほどの花を一輪ずつ咲かせる。

 

・花弁のように見えるのは、卵形の白い萼片で5枚あり、本当の花は画像の黄色い部分。画像では分かりにくいが、先端がYの字になったシベ状で、Y字の分岐点近くには蜜を出す「蜜腺」がある。

 

・花の後にできる果実は、長さ1センチほどの楕円形。先端の尖った袋状だが、3~4個が合体しており、中には褐色をした円形の種子を含む。果実が熟し終えると、茎や葉は枯れ落ち、初夏になるまでは地上に何も見えなくなるが、地下には直径1~2センチの球形の根茎がある。

 

・葉は、株元から出る根生葉と、茎から出る茎葉がある。茎葉は線形で花の下にあり、三つに裂けた2枚の葉が対になって生じる。根生葉の外形は五角形で深く三つに裂け、それぞれの裂片はさらに細かく分かれる。学名にあるpinnatifidaは、羽根のように裂けているという意味で、この葉の形に由来する。

 

【セツブンソウに似た植物】

・オウレン

 根が胃薬になることで知られるキンポウゲ科の常緑多年草。セツブンソウと同じように草丈が低く、白い花を咲かせる。開花は3~5月でセツブンソウよりも遅い。

 

フクジュソウ

 黄色い花を咲かせて正月祝に使われる近縁種。セツブンソウと同じように開花期に突然現れ、花が終わると地上から消え去るように見える。

セツブンソウの基本データ

 

【分 類】キンポウゲ科/セツブンソウ属

     多年草

【漢 字】節分草(せつぶんそう)

【別 名】イエニレ

【学 名】Eranthis pinnatifida

【英 名】Winter aconite

【開花期】2~3月

【花の色】

【草 丈】~20cm