庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > セッコク

セッコク/せっこく/石斛

Mohl's dendrobium

石斛,せっこく
セッコクは初夏に芳香のある花を咲かせる
長生蘭,ちょうせいらん
セッコクの葉
竹蘭
葉は中央の葉脈が目立つ
せっこく,植物,薬用
茎はトクサのような感じ
スクナヒコグスリ,イワグスリ
セッコクの花
ekkoku
同じ色形の花弁と萼からなる
せっこく,植物図鑑
晩秋の様子

【セッコクとは】

・東北地方南部~沖縄に分布するラン科セッコク属の多年草。山間に育つ小型の着生ランで、細い茎から伸びるヒゲ根を樹木や岩に付着させて育つ。古くは薬用植物として、現代では初夏に咲く花を観賞する園芸植物として栽培される。

 

・セッコクという名は漢名「石斛」の音読み「セキコク」が転訛したもので中国や朝鮮半島南部にも自生が見られる。学名はDendrobium moniliformeで、Dendrobiumは木の上に着生することを、moniliformeは数珠状の茎を意味する。

 

・別名はチョウセイラン(長生蘭)、スクナヒコグスリ、イワグスリなどで、いずれも本種が薬用されたことにちなむ。漢方では「甘露飲」と呼び、古い茎を煎じたものは虚弱体質者の滋養強壮、解熱、消炎などに用いる。

 

・セッコクの開花は5~6月で、2年前に伸びた茎の上方にある節に、直径2~3センチの小花を1~2輪ずつ咲かせる。花色は白~淡い紅紫が基本だが変異が多く、園芸品種には葉や茎の様子が異なるものも見られる。

 

・花は同じ色形をした2枚の花弁と3枚の萼片からなり、モッコクの名の由来にもなる芳香を放つ。花弁は唇形で上方は少し歪曲し、下部は顎のような形になる。花言葉は「私を元気づける」など。

 

・葉は長さ4~7センチ、幅1センチ前後。質厚の線形でイヌマキのような雰囲気を持ち、茎から互い違いに生じるが、基部に膜質のサヤがあるのが特徴。

 

・群生する茎は直径3~6ミリの円柱状で、2~4センチごとに節があり「竹蘭」とも呼ばれる。ツクシやトクサのように柔らかだが葉が落ちた後も枯れずに残り、先端の新芽にヒゲ根を生じながら新たな個体を作る。

 

【開花時期】

・5~6月

 

【花の色】

・白、ピンクなど

 

【草丈】

・5~30cm

 

【セッコクに似た植物】

・キバナセッコク

 四国以西に分布し、7~11月により小さな黄緑色の花を咲かせる。 

石斛,赤紫,種類
セッコクの園芸品種