庭木図鑑 植木ペディア > ツルグミ

ツルグミ/つるぐみ/蔓茱萸

Tsurugumi

つるぐみ,開花時期
ツルグミの花は晩秋に咲く
蔓茱萸の葉っぱ
表面は濃緑色で光沢がある
turugumi
裏面が赤褐色になるのが最大の特徴
茱萸の木,蔓
葉は茎から互い違いに生じて生い茂る
つるぐみの花
花筒の長さは4~6ミリ 外側に赤褐色の毛がある
茱萸の木の蔓
小枝にも赤褐色の毛が鱗片状に生じる
茱萸の木のトゲ
枝には、小枝の変形したトゲが逆向きに生じる
つるぐみの木
幹から生じるこの細長い茎が他物に絡まって成長する
幹
他に寄り掛かるため幹は斜めになることが多い
じゅひ,幹
樹皮の様子
tsuru、treetree
樹齢を重ねるとかなり鬱蒼とする

【ツルグミとは】

・本州(新潟県/福島県以西)、四国、九州及び沖縄に分布するグミ科の蔓性低木。低山の林内や海辺の丘陵地など温暖な場所に多く、蔓状の細い枝を長く伸ばすことからツルグミと呼ばれる。日本以外では韓国、中国本土及び台湾に分布。

 

・ツルグミの開花は10~11月で、淡い褐色をした小花が葉の脇に2~3輪ずつ垂れ下がる。花の下部にある萼は筒状でその長さは4~6ミリほど。萼や花柄には赤褐色の毛が密生し、花先は四つに裂ける。

 

ナワシログミマルバグミと同じような花で見分けるのは難しいが、本種は秋から冬にかけて花が咲くこと、毛に覆われた萼が下へいくほど細くなり、他のグミよりも筒部のクビレが小さいのが特徴。

 

・花が終わるとたくさんの「実」ができるが、これは萼の下部が変化した「偽果」であり、正確には実ではない。偽果は長楕円形の多肉質で、長さは1.2~2センチほど。翌年の4~6月に赤く熟すと食べることができるが、中には黄褐色の種子が一粒含まれる。

 

・ツルグミの葉は長さ4~8センチ、幅2.5~4センチの長楕円形でやや革質。若葉の表面は黒っぽい毛で覆われるがすぐに脱落し、光沢のある緑色となる。グミの仲間は葉裏が銀白色になるものが多いが、本種は平らな星状に毛が密生して赤褐色になる。このためツルグミには「緋茱萸(ヒグミ)」という別名がある。葉は枝から互い違いに生じる。 

 

・「蔓性」としているが、他の樹木に絡まって伸びる完全な蔓性ではなく、幹の途中から出る下向きの枝を他物に引っ掛け、寄り掛かるように育つ。樹齢を重ねた枝(蔓)や幹は黒褐色で、直径10センチほどになるが、材は丈夫で粘り強く、囲炉裏のカギや道具の柄に使われる。 

 

【ツルグミの育て方のポイント】

・日向で阿あれば土質を選ばずに育つ。病害虫の被害もほとんどない。

 

・成長が著しく、蔓状の枝を放置すると他の庭木に絡んで見苦しくなる。このためフェンスや棚などに仕立てるのが普通。また、幹から伸びる蔓を切れば独立することも可能。芽を出す力は盛んであり、強い剪定にも耐える。

 

【グミの仲間】

 ナワシログミ マルバグミ ナツグミ トウグミ

 ダイオウグミ(ビックリグミ) アキグミ

ツルグミの基本データ

 

【分類】グミ科/グミ属

    常緑つる性/低木

【学名】Elaeagnus glabra

【別名】ヒグミ/モロナリ

【成長】かり早い

【移植】困難(挿し木で増やすのが一般的)

【高さ】

【用途】公園/洋風庭園/棚

【値段】1200円~