庭木図鑑 植木ペディア  > オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲ/おおやまれんげ/大山蓮華

Oyama Magnolia

オオヤマレンゲの木の花
花にはモクレンのような芳香がある 花言葉は「永遠の愛」など
ふゆめ
冬芽は筆状でホオノキに似るが、小さい
大山蓮,新芽
芽吹きの様子
新葉
新芽は銀白に輝く
天女花
若い枝や蕾には灰褐色の毛がある
コブシみたいな匂いの木
花は小ぶりで、控えめな様が茶華として好まれる
Oyama Magnolia,Japanese
雄しべの「葯」の色は黄色あるいは紅色
萼片,大山蓮華
一番外側に花びらのような萼片が3枚ある
大山蓮華の花
花は4日ほどで、こんな感じになってしまう
おおやまれん,葉っぱ
葉は最大で長さ15センチ、幅10センチ 大きくて目立つ
葉っぱ
画像では分かりにくいが、葉の裏には白い毛が密生する
紅葉期
山間では紅葉も綺麗になるが・・・
紅葉
乾燥した住宅地ではこんな感じに終わる
樹形,天女花
樹高は最大でも人の背丈をわずかに超える程度
おおやまれんげの木の幹
樹皮は明るい灰色で蘚苔類が付着しやすい

【オオヤマレンゲとは】

・本州(新潟及び郡馬県以西)、四国、九州の山地に分布するモクレン科の落葉低木。別名をミヤマレンゲといい、深い山の林地に自生する。

 

・初夏に咲く清楚な花を観賞するため、神社仏閣や庭園に類種が植栽され、茶の世界では古くからギョクセイと呼んで親しまれる。日本特産とされることもあるが、朝鮮半島や中国の東北部及び中南部にも分布する。

 

・「オオヤマ」は「近畿の屋根」と称される奈良県の大峰山系を意味し、同地に自生が多いこと、花の形が蓮華(=ハス)に似ていることからオオヤマレンゲと命名された。命名の起源となる大峰山系の自生地は昭和3年、史跡名勝天然記念物に指定されている。

 

・開花は葉が展開した後の5~7月で、枝先に直径8~10センチ弱の白い花が下向き又は横向きに咲く。花弁は9枚あるように見えるが外側にある大きな3枚は花弁ではなく「萼片」。

 

・花の内側には多数の雄しべがあるが、葯(=雄しべの先端にある袋)の色や濃淡は品種や個体によって変異がある。日本に自生するのは葯が黄色いものだが、庭植えや茶華に使われるのは葯が紅いオオバオオヤマレンゲであることが多い。

 

・生け花の世界では春の花として扱い、促成品を用いるが、花が咲いているのは4~5日のみで、生け花として使う際はタイミングが難しい。  

 

・花の後にできる果実は直径2.5~5センチの独特な袋型。9月頃に熟すと自然に裂け、オレンジ色の二つの種子が白い糸を引いて垂れ下がる。種を蒔けば増やすことができるが、寒い地方では結実しにくい。

 

・葉は長さ7~15センチ、幅5~10センチの丸みを帯びた卵形で枝から互い違いに生じる。縁にギザギザはなく、葉先は急激に尖り、裏面は白い毛が密生するため白っぽく見える。

 

・幹は白っぽい灰色で、直径は最大で10センチほど。枝はヒョロヒョロと斜めに伸び、山間では地を這うような雰囲気になることもある。

 

【育て方のポイント】

・幹や枝が細く、圧迫感がないためモクレン類の中では狭い庭に向く。ただし、樹形や枝ぶりは単調で、花のない時季は魅力に乏しい。

 

・湿気のある肥沃な場所を好み 乾燥地や痩せ地では開花しにくい。痩せ地に植える場合は、堆肥や腐葉土を十分に入れ、夏の暑さや乾燥を防ぐため根元を敷き藁で覆うのがベスト。また、根が粗くて定着しにくいため、植え付けの際は支柱を添えた方がよい。

 

・剪定に弱く、強い剪定を行うと樹形が乱れる。また、花はその年に伸びた枝に咲くため、春から初夏に剪定すると花数が減る。ただし、園芸用に出回る市販品はホオノキを台木として使っているため、幹の下の方に出る芽は樹勢を衰えさせないため、早期に掻き取るのがよい。

 

・病害虫の被害は比較的少ないが、梅雨明けの頃、テッポウムシが発生することがある。根元にオガクズ状のものがあった場合は園芸用の殺虫剤を使って対応する。

 

【オオヤマレンゲの品種】

・ミチコレンゲ

 花が八重咲きになる品種。

 

・オオバナオヤマレンゲ

 より大きな花が咲き、葯が赤紫色になる。園芸用として流通するのはたいていがコレ。

 

【オオヤマレンゲに似ている木】

・ウケザキオオヤマレンゲ

 本種とホオノキの雑種で玉水(ギョクスイ)とも。同じ頃に開花するが花が上向き(受け咲き)で、その直径は12~15センチと大きい。また、花弁はオオヤマレンゲよりもクリーム色を帯びる。

 

【モクレンの仲間】

 ホオノキ タイサンボク カラタネオガタマ

 モクレン ハクモクレン コブシ ミケリア

 オガタマノキ シデコブシ 

オオヤマレンゲの基本データ

 

【分類】モクレン科 モクレン属

    落葉広葉 低木

【学名】Magnolia sieboldii ssp. japonica

【別名】ミヤマレンゲ/オオヤマレン/ギョクセイ

    ビャクレンゲ/天女花

【移植】やや難しい
【成長】早い

【高さ】1m~4m

【用途】花木/公園/切花

【値段】1000円~