庭木図鑑 植木ペディア > イヌビワ

イヌビワ(犬枇杷)

Inu biwa (Japanese fig)

イヌビワの実 味
ビワではなくイチジクに近い味がする 
イヌビワ 特徴
冬芽の様子
犬枇杷 葉っぱ
葉もビワには似ていない(新緑のころ)
イヌビワ 葉っぱ
葉の裏側の様子
犬琵琶 木
葉は規則正しく生じる
イヌビワの実 まずい
実の直径は1~2センチと小さめ
イヌビワ 黄葉
黄葉の様子
イヌビワ 実
熟しきった実は長期間、枝に残る(冬の様子)
樹木 イヌビワの木
イヌビワの樹皮は白っぽい

【イヌビワとは】

・関東から九州に分布するクワ科の落葉低木。自生は西日本の沿岸部に多いが、種子によって容易に増え、公園の植え込みなどでも見られる。日本以外でも東南アジアの山地に生じる。

 

・雌雄異株で4~7月頃、イチジクのように外からは見えない花をつけ、その後8~10月にかけて黒紫色の実を付ける。実は食用になるが、ビワほど美味しくはないという意味合いでイヌビワと名付けられた。マズイというほどではなく、微かに甘味があって生食できるが、小さな種がたくさん入っているため食べにくい。実際のところ実はビワというよりも、小さなイチジクに近い。

 

・中国からイチジクが渡来する前は、イヌビワをイチジクと呼んでいたとされる。枝や葉柄を切断するとイチジク同様に白色乳液が生じる。

 

【育て方のポイント】

・日向を好み、寒さにはやや弱い。

・写真のように枝の出方は平坦であり、樹木そのものには観賞価値が乏しいが、剪定によって樹形を整えれば問題ない。

・イヌビワコバチと共生関係にあり、イヌビワコバチがいない環境では実がならない。

・イシガキチョウ(イシガケチョウ)の食樹であり、葉はその幼虫の食害に遭うことがある。

 

【品種、類似種との見分け方】

・ビワと比べれば樹皮が白く、葉に光沢がある。実の大きさも異なり、木を見てビワと混同することはない。

・より葉が細いホソバイヌビワや、ホソバイヌビワとイヌビワの雑種があり、庭木としてはイヌビワよりも好まれる。

東御苑のイヌビワ
ホソバイヌビワ(細葉犬枇杷)

イヌビワの基本データ

 

【分類】クワ科 イチジク属

    落葉広葉 低木

【学名】Ficus erecta

【別名】イタビ/コイチジク

    ヤマビワ/カラビワ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】2m~5m

【用途】公園

【値段】00円~000円