庭木図鑑 植木ペディア > アカガシワ

アカガシワ(赤柏)

American red oak

あかがしわ 紅葉
葉が大きく、紅葉期にはよく目立つ
レッドオーク 特徴
柏に似るというが、切れ込みが大きい
赤柏 赤槲 樹木
高さは40mを超すことも
アカガシワ 樹皮
古木になると幹に白い縦筋が入る

【アカガシワとは】

・北アメリカ(アメリカ東部、カナダ南部)を原産とするブナ科の落葉樹。葉が日本のカシワに似て、紅葉が美しいこと(あるいは心材が赤いこと)から、アカガシワと命名された。

 

・自生地では樹高40m以上に達する高木となり、街路や公園の景観を作るのに役立つ。日本には明治時代に渡来し、北海道を中心に街路樹として使われる。

 

・深い切れ込みのある葉は、長さ25cm前後と大きいため、紅葉期にはよく目立つ。新葉は褐色になる。

 

・全く目立たないが初夏には黄緑色の花が咲き、秋になると長さ3センチ前後のドングリができる。

 

・硬質な材は、床板、家具、器具に使われる。

 

【育て方のポイント】

・日本全国に植栽できる。

・成長が早く、大木となるため公園や工場の緑地帯などを早期に緑化するのに向く。

・葉が大きいため落葉すると地面は葉で覆い尽くされる。風情はあるが通りの多い場所や下草の多い一般家庭には向かない。

 

【品種】

・新芽が黄色いオーレアという品種がある。

 

【名前が似た木】

アカメガシワ

アカガシ

アカガシワの基本データ

 

【分類】ブナ科/コナラ属

     落葉広葉/高木

【学名】Quercus rubra

【別名】レッドオーク/アカナラ

【成長】早い

【移植】ふつう

【高さ】~30m

【用途】街路樹/公園

【値段】1000円~