庭木図鑑 植木ペディア > クロバイ

クロバイ/くろばい/黒灰

Kurobai

くろばいの木,花
クロバイの花には甘い香りがある
くろばい,葉っぱ
クロバイの葉
くろばい,樹木
葉は密生し、鬱蒼とする
くろばい,樹木
自生地では、葉を覆い尽くすほどの花が咲く 
くろばいの木の花
クロバイの花
くろばい,クロバイ,果実
花の後には実ができ、秋には黒く熟す
黒灰,植木
クロバイの材を燃やした灰は、媒染剤に使う

【クロバイとは】

・関東地方南部(静岡県)より西の温暖な山地に自生するハイノキの仲間。灰を染色に使う実用の樹木だが、西日本では稀に庭木とし、地方によっては本種をハイノキと呼ぶ。日本以外でも韓国の済州島に分布する。

 

・開花は新芽が伸び始める4~5月頃。前年に伸びた枝の葉の脇から長い花序を出し、小さな白い花を10~30輪単位で咲かせる。花の直径は8ミリほどで、突き出した多数の雄しべに隠れるよう5枚の花弁がある。花はハイノキよりもバクチノキイヌザクラウワミズザクラに似る。

 

・花の後にできる果実は長さ6ミリほどの細長い卵形で、11月頃に黒く熟す。名前の由来は「黒梅」ではなく「黒灰」であり、果実の形状はウメのそれとは異なる。

 

・葉は枝から互い違いに生じ、先の尖った楕円形になる。長さ5~8センチほどの革質で、葉の縁は波打ったようになり、細かなギザギザがまばらにできる。表面には光沢があるが、ハイノキと比べると色が暗く、葉の数も多いため黒々となり、これを名前の由来とする説もある。

 

・クロバイの樹皮は灰黒で、木が若いうちは小さな点々(皮目)があるが、樹齢を重ねると縦に浅い裂け目が入る。材を焼いて灰汁を作り、染色の際にこれを媒染剤とし、色落ちを防ぐために用いる。

 

【育て方のポイント】

・丈夫な性質を持ち、土質を選ばずに育つ。

 

・暖かくて湿気のある場所を好み、乾燥地では育ちにくい。

 

・葉が密生して鬱蒼としやすいが、剪定に耐えるため、手入れによって管理できる。

 

【クロバイに似ている木】

ハイノキクロキ、シロバイ、ミミズバイ

クロバイの基本データ

 

【分類】ハイノキ科/ハイノキ属

    常緑広葉/小高木

【学名】Symplocos prunifolia Sieb. et Zucc.

【別名】トチシバ/ソメシバ/ハイノキ

【成長】やや早い

【移植】簡単

【高さ】5m~12m

【用途】雑木の庭/染色用

【値段】(庭木としての流通は稀)