庭木図鑑 植木ペディア > ウバメガシ

ウバメガシ(姥目樫)

Ubamegashi

ウバメガシの幹 画像
緻密な材は「備長炭」となることで知られる
ウバメガシ 冬芽
新芽と新葉は茶色がかっており・・・
姥目樫 名前
これらが「姥目」の語源となる
ウマメガシ 庭木図鑑
老婆の眼とはいえ、新緑はピカピカしている
開花時期
葉の展開と共に花が咲く
ウバメガシ 開花時期
花には雌雄あるが、紐状に垂れ下がるのは雄花
ウバメガシ 樹木図鑑
葉は他のカシより小さく、付き方もまったく異なる
ウバメガシ どんぐり
できはじめのドングリはメロンのよう
ドングリ ウバメガシ 画像
二年目の秋に茶色く熟すが、それまでに風で落下しやすい
ウバメガシの手入れ 画像
庭では垣根や玉散らしにして仕立てることが多く・・・
ウバメガシ 盆栽
時には盆栽にされるが・・・
うばめがし 葉っぱ
自然風に仕立てることもある
新宿御苑 うばめがし
ちなみに放任すると樹高20m以上となり・・・
ウバメガシ 幹
内部はこんな感じに(新宿御苑)

【ウバメガシとは】

 

・関東以西から九州の沿岸部や低山に見られる常緑樹。カシの仲間のうち、もっとも病害虫や都市環境に強いことから、かつては関西地方を中心に垣根としての利用が多かった。

 

・その丈夫な性質から、街路樹などにも多用される。枝や幹がゴツゴツし、柔らかさがないため好みが分かれるものの、海辺の庭や公園には最も適する。成長が遅いため、幹の太い老木は珍重される。

 

・材質が緻密で硬くなることから、焼き鳥、ウナギの蒲焼、炭焼焙煎コーヒーなどに使われる「備長炭」の材料になることで知られる。備長炭は着火までに時間を要するが、一旦火が点けば一日中もつ優れもの。ちなみに「備長」は元禄時代にこの炭を初めて作ったとされる現:和歌山県田辺市の「備中屋長左衛門」の名に由来する。

 

・あまり話題にならないが4~5月には他のカシ類と同じように花が咲き、その後にできる大きめのドングリは食用になる。ただし、ドングリは枝から落ちやすく収穫のタイミングが難しい。

 

・ウバメとは「姥の目」のことで、ウバメガシの新芽あるいは若葉が茶色いことからきているとする説がある。地方によってウマメガシ、ウマメ、イマメガシ、バベなど呼び名が多く、庶民に身近であったことが分かる。

 

【育て方のポイント】

・カシの仲間(シラカシアラカシアカガシなど)のうち、もっとも剪定に強い。ただし、枝を作り込んで自然風の樹形を楽しむような手入れは向かず、葉っぱごと刈り込むような手入れが中心となる。

 

・他のカシ類に比べて葉が小さいため、葉を刈り込んでも切り口があまり目立たない。また、葉が密生するため、目隠し用の垣根として使える。 

 

・成長が遅めであるため、他のカシ類に比べて手入れの回数は少なくて済むが、ノコギリで切りにくく、作業の疲労感は高い。 

 

・自生地は暖地の海岸沿いであり、潮風、乾燥、大気汚染には強いが、寒さにはやや弱い。北関東が北限。土質はあまり選ばない。

 

・基本的には日向を好むが半日蔭にも耐える。環境が合わない場合は、カイガラムシ、ハマキムシ等の被害に遭いやすく、みすぼらしい姿を見せる街路樹も多い。 

 

【類似種との見分け方】

・ウバメガシの変種に、ビワの葉を小型にしたような葉を持つ「ビワバガシ=チリメンガシ」や、葉の中央が膨らんだ「フクレウバメ」がある。

種類
変種のビワバガシ(チリメンガシ)

ウバメガシの基本データ 

 

【分類】ブナ科 コナラ属

    常緑広葉 小高木 

【学名】Quercus phylliraeoides

【別名】ウマメガシ/イマメガシ

    /バベガシ/バベ

【成長】やや遅い

【移植】やや難しい(根回しが必要)

【高さ】10m~25m

【用途】垣根/公園/街路樹

【値段】500円~2000円