庭木図鑑 植木ペディア > アリドオシ

アリドオシ(蟻通し)

Aridoshi

赤い実,アリドオシ
「一両」として知られるアリドオシの実は10月頃にでき始める
ありどおし 一両
実生で増え、薄暗い樹林内で育つ
蟻通しの花 画像
初夏に小さな白い花を咲かせる
ありどおしの木
アリドオシの花
一両,草花
でき始めの実は緑色
アリドウシ 木の高さ
樹高は1mに満たない
一両 庭木図鑑
樹皮の様子
アリドウシ,斑入り
枝葉は平に広がり、鋭い棘も見ているだけなら美しい

【アリドオシとは】

・関東以西の本州、四国、九州及び沖縄に自生するアカネ科の常緑低木。葉の付け根に葉と同じくらいの長さの鋭いトゲがあるのが特徴。このトゲが小さな蟻をも刺し通すとして「蟻通し」と名付けられた。

 

・関西地方では正月の床飾りに使うなど和風のイメージが強いアリドオシだが、日本固有種ではなく韓国や東南アジアにも分布する。

 

・アリドオシは薄暗い林の中にまとまって生えていることが多い。本来、庭木にするようなものではないが、条件の悪いところでも育ち、赤い実をつけるため、和風庭園では他の樹木の下に「根締め」として使ったり、水鉢の前に植えて楽しむことがある。同じように冬に赤い実をつけるマンリョウセンリョウヒャクリョウ(カラタチバナ)、ジュウリョウ(ヤブコウジ)、オクリョウ(ミヤマシキミ)とともに縁起のよい木とされる。

 

・古い造園の世界では、センリョウ、マンリョウと共にこれを植え、「千両、万両、有り通し(=年中お金に困らない)」と洒落込むことがあった。

 

・アリドオシの葉は長さ1~2.5センチほどの楕円形で厚みがある。枝から対になって生じ、表面に光沢があるため、光を当てれば画像のように反射する。

 

・初夏(5月頃)になると葉の付け根にラッパ型の白い花を1~2輪咲かせる。花の先端は四つに分かれ、柔らかい毛が密生する花の内部には雄しべが四つある。薄暗い林内では多くの花は咲かず、実と同様にあまり目立たない。

 

・10月から成熟する実は直径5~7ミリほどで、翌春までの長いあいだ枝に残る。このため「(赤い実が)有り通し」として名付けられたという説もある。センリョウやマンリョウほど多くの実は付けず、その地味さゆえに別名「一両」と呼ばれる。小さな実はよく見ると先端に「萼片」が残っている。 

 

・アリドオシという名前の由来については他にも、枝が地上低く横に広がるため蟻ぐらいしか、その下を通ることができないことにちなむという説もある。

 

【育て方のポイント】

・自生地は山地の乾いた林内が多いが園芸品種には適応力があり、土を選ばずに育ち、かなりの日陰でも赤い実をつける。むしろ、日当たりの強い場所では葉焼けを起こすため、直射日光は避けて植えた方がよい。

 

・耐寒性はあるものの、冬の寒風には弱く、枝葉はまばらになりがち。植栽の北限は北関東あたりと推定される。寒い地方では他の植木の陰になるような場所に植えるのがよい。

 

・成長すると枝葉は平に広がり、地を這うような独特の樹形になる。幹が細く、弱々しい印象を受けるが、剪定には耐える。ただし、成長は遅めであり、実質的にはそれほど剪定の必要がない。もちろん、棘があるため手入れは厄介。

 

【品種】

・ヒメアリドオシ

 アリドオシよりも枝が細かに分岐し、トゲは通常のものよりはるかに長い。市場での流通量は少なめで、採取した実から育てることが多い。

 

・オオアリドオシ(ジュズネノキ/ニセジュズネノキ)

 葉が大型で、トゲが短い品種。自生地はアリドオシと同様だが、別名のとおり根が数珠のような団子状になるのが特徴。トゲがほとんどないナガバジュズネノキという品種もある。

 

・白実アリドオシ 

 文字どおり、白い実がなる品種

 

・斑入りアリドオシ

 葉に白い模様が入る品種。アリドオシよりも明るい印象があり、洋風の庭の下草としても違和感がない。模様の入り方によって白覆輪などの名前がある。  

一両という赤い実
葉に模様が入るフイリアリドオシ 
アリドオシの花 画像
オオアリドオシ(ジュズネノキ)の花
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

斑入り アリドオシ 白覆輪枝打小苗
価格:864円(税込、送料別) (2018/12/27時点)

楽天で購入

アリドオシの基本データ 

 

【分類】アカネ科 アリドオシ属

    常緑広葉 低木

【学名】Damnacanthus indicus

【別名】イチリョウ(一両)/ジュズネノキ

    アリドウシ

【成長】遅い 

【移植】簡単 

【高さ】0.3m~0.6m

【用途】下草/盆栽(床飾り)

【値段】500円~