庭木図鑑 植木ペディア > アカガシ

アカガシ/あかがし/赤樫

Japanese evergreen red oak

カシの種類,赤樫
カシの仲間ではもっとも大きな葉を持つ
あかがし,樹木
アカガシの冬芽
赤樫の新芽,画像
新芽は赤味を帯びる
japanese evergreen oak,picture
葉の裏側の様子
樫の種類,あかがし
剪定されたアカガシ
赤樫,どんぐり
ドングリの帽子には横輪がある
ドングリの木,アカガシ,あかがし
アカガシのドングリは食用になる
赤樫
樹皮が赤いのではなく、材(内部)が赤い
赤樫,あかがし
アカガシの巨木は神が宿るほどの貫禄がある

【アカガシとは】

・本州中部以西の山地を原産とするブナ科コナラ属の常緑樹。いわゆるカシの一種で、シラカシアラカシウバメガシなど他のカシ類に比べると材が赤みを帯びているため、アカガシと名付けられた。日本以外でも中国や韓国に分布する。

 

・主に山地に見られるカシであり、住宅地での植栽は少ないが、神社や御屋敷では庭木として用いる場合がある。

 

・材はシラカシよりも優良とされ、利用頻度がより高い。国産材の中ではリュウキュウコクタンやイスノキに次いで硬く、建築はもとより木刀、拍子木、下駄の歯、楽器(三味線のサオ)、船舶(艪など)、ソロバンの珠、山車の車輪、カンナの台など幅広く使われる。縄文時代には石斧の柄、弥生時代には鍬などの農具に使われた。

 

・造園用として使う場合は、細かな枝を切り落として棒状(棒ガシと呼ぶ)にし、数本を並べて植えたり、大木を単独で植えて庭の主木(シンボルツリー)とする。

 

・葉は長さ7~20センチで肉厚。カシの仲間では最大の葉を持つ。葉の表面には光沢があり、時に左右非対称、上半分が緩やかに波打ち、乾燥すると赤くなるという特徴がある。葉の先端は急に尖り、葉はツクバネガシに似るが、葉の縁にギザギザがなく、他のカシ類と見分ける際の大きなポイントとなる。

 

・雌雄同株で、5月頃に雌雄ぞれぞれの花を咲かせる。雄花は他のカシの仲間と同様に小さな白い花が多数集まって花穂を作り、雌花の後には1年半近くの時を経てドングリができる。

 

・食用となるドングリは直径2センチほどで楕円形が多く、中程まで帽子(殻斗)で覆われる。殻斗には毛が密生し、シラカシと同じような環状の模様がある。

 

・別名はオオガシであり、カシの仲間では最も大きく成長し、幹は直径2.5mほどにもなる。樹皮は灰黒色で分厚く、成長すると鱗状に割れ目ができて剥離する。樹皮は皮なめしに使われる。

 

【育て方のポイント】

・大木となるが、芽を出す力が強く、強い剪定にも耐えるため維持管理しやすい。

 

・排気ガスや煙害にも強いなど性質は丈夫であり、東北南部以南であれば場所を選ばずに育つ。

 

・大きな木でも比較的容易に移植できる。

 

【似ている木】

・カシとしては葉色が明るくて大きい。マテバシイシリブカガシタブノキに間違われることが多い。

 

アラカシと語感が似ているが、葉の色合い、大きさ、質感はまったく異なる。

アカガシの基本データ

 

【分類】ブナ科 コナラ属

    常緑広葉 高木

【学名】Quercus acuta

【別名】オオバガシ/オオガシ

【成長】やや早い

【移植】簡単

【高さ】15m~25m

【用途】公園

【値段】300円~