庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ハボタン

ハボタン/はぼたん/葉牡丹

Flowering kale / Ornamental kale

はぼたん,特徴
冬の花壇に多用されるカラフルなキャベツ
ハボタンは食べられますか
江戸時代に渡来した、葉の巻かないケールを起源とする
はぼたん
温かくなるまで放置すれば、塔を伸ばして黄色い花が咲く

【ハボタンとは】

・ヨーロッパを原産とするアブラナ科の多年草。見てのとおりキャベツの仲間だが、馴染みのキャベツとは系統の異なるケール(オランダ菜)を起源とし、明治時代以後、日本で品種改良が進んだ。

 

・花の少ない冬の花壇や正月を演出する花材として定着しているが、野菜が観賞用に発展した珍しい例であり、今日では海外でも栽培されている。ハボタンという名前は、綺麗に色付く葉の様子をボタンの花に見立てたもの。

 

・ハボタンには葉先が丸い「丸葉系」、葉の縁が波打つ「ちりめん系」、深い切れ込みの入る「切れ葉系」などの種類があるが、近年は切花として使いやすい茎の長いもの、プランターで栽培しやすい小形のものに人気がある。

 

・ハボタンの葉が紅紫やクリーム色になるのは秋から冬で、成熟するにつれて数十枚の葉が折り重なり、中心部へいくほど葉は小さくなる。茎は太く紫色を帯びて直立し、表面には古い葉の痕が残る。

 

・正月を過ぎた頃に処分されるハボタンが多いが、春まで処分せずに育てればサクラが咲く頃に、アブラナやキャベツと同じような花を咲かせ、同じように実を結ぶ。

 

・キャベツやケールと同様に葉を食べることはできるが、苦味が強くてあまりお勧めできない。また、園芸用に出回っているのは農薬によって成長がコントロールされたもので、残留している農薬に留意する必要がある。

 

・ちなみに日本でキャベツの栽培が始まったのは明治26年のことで、場所は軽井沢。外国人の避暑客向けに提供したのが起源で、当初日本人の間では「かんらん」と呼ばれていた。

 

【正月飾りに使う植物】

ユズリハ

ダイダイ

フクジュソウ

ウラジロ

ハボタンの基本データ

 

【分 類】アブラナ科/アブラナ属

     越年草あるいは多年草

【漢 字】葉牡丹(はぼたん)

【別 名】牡丹菜(ぼたんな)

     玉菜(たまな)

【学 名】Brassica oleracea

【英 名】Flowering kale

【開花期】~5月

【花の色】黄色

【草 丈】20~60cm