庭木図鑑 植木ペディア >つる性植物 >モッコウバラ

モッコウバラ/もっこうばら/木香薔薇

Banksia rose

もっこうばら
黄花が多いが原種は白花 花言葉は「初恋」「純潔」など
もっこうばら
蕾と新芽の様子
木香薔薇,ツボミ
モッコウバラの蕾
皇室,お印,植物
眞子内親王の「お印」になっている
木香薔薇、特徴
成長は早い
キモッコウ,生垣
住宅地で垣根に使う例も多い
花のフェンス
黄色と白のミックスも
モッコウバラの葉っぱ
3~5枚の小さな葉が集まって一つの大きな羽根を作る
きもっこう,花
枝分かれが多く、放置すると鬱蒼とする
幹は褐色で若い枝は緑色
幹は褐色で若い枝は緑色

【モッコウバラとは】

・中国南部を原産とするバラ科の蔓性植物。古典的な蔓薔薇の一つであり、バラとしては小ぶりな花をいかして、フェンス、トレリス、アーチ、生垣などに使われる。トゲがないためバラとしては管理が易しく、一般家庭での植栽も多い。

 

・日本へ渡来したのは江戸時代中期。モッコウは中国名「木香花」の音読みで、キク科のモッコウに香りが似ることによる。白花が原種で、黄花に比べると開花はやや遅く花数も少ない。黄花をキモッコウと呼んで区別することも。

 

・開花は新葉の展開と同時期の4月下旬~5月頃で、枝先に直径約2センチの白または淡い黄色の花を2~3輪まとめて咲かせる。花は八重咲きで、白花にはスミレのような芳香があるが、黄花には芳香がない。

 

・果実はできず、3月に挿し木で増やすのが一般的。前年に伸びた枝をT字にした「撞木挿し」によって行うと、挿した翌年には開花する。

 

・葉は3~5枚の小葉が集まって長さ10センチほどの羽根状になる。葉の表には光沢があり、裏面の脈や葉の軸には細かな毛がある。枝には毛もトゲもなく、フジのように枝分かれが多い。

 

【育て方のポイント】

・日当たりの良い場所を好むが、明るい日陰であれば育つ。病気や害虫には強い。寒冷地での生育は難しいが、温暖化に伴い北海道でも開花する事例が増えている。

 

・水はけの良い肥沃な砂壌土を好むため、植え穴にはあらかじめ腐葉土などを入れておくのがよい。

 

・成長は早く、肥料を施せば年間に1m以上伸びる。麻縄やシュロ縄で誘引し、つるが四方に拡散しないようにして管理すれば、花に覆われた垣根ができる。

 

・成長は旺盛だが、根元の枝葉がなくなりやすいため、株元の徒長枝を大切にする。また、花は前年に伸びた枝に咲くため、冬季に若い枝(緑色の枝)を見極めながら剪定するとよい。

 

【モッコウバラに似ている花木】

・コウシンバラ(長春)

 同じく中国を原産とするバラで、現在普及している多くのバラの原種の一つとされる。花色はピンク(濃淡あり)あるいは白で、一重と八重がある。開花は5月がメインだが、真夏と真冬以外は開花する四季咲きの性質を持つ。モッコウバラとは異なり、枝には多少トゲがある。

サンショウバラ

ハマナス

モッコウバラの基本データ

 

【分類】バラ科 バラ属

    常緑広葉 つる性 

【学名】Rosa banksiae

【別名】バンクシアローズ/スダレイバラ/モッコウカ

【成長】早い

【移植】難しい 

【長さ】6~7m 

【用途】フェンス/アーチ/垣根 

【値段】1、000円~