庭木図鑑 植木ペディア > ノイバラ

ノイバラ(野茨)

Japanese Rose

ノイバライバラ
花言葉は「素朴な愛」など
野いばら 野薔薇 特徴
樹高は2m程度におさまる
ノバライバラ
ノイバラの葉
ノイラバラ 果実エキス
秋にできる果実のエキスは薬用とする

【ノイバラとは】

・沖縄を除く日本全国の野原や空き地に見られる野生のバラで、「ノバラ」として親しまれるものの代表種。日本のほか朝鮮半島及び中国にも分布する。ちなみに「イバラ」は棘のある植物全般を示す総称であり、本種に限らない。

 

・花の時期は5~6月で、画像のような白い一重花が円錐状に並んで咲く。直径は2~3センチで小さいが芳香は強く、香水にも使われる。

 

・花よりも目立つ実(偽果)は、秋から冬にかけて赤く熟し、ジャムや果実酒あるいは装飾用に使われる。また、未熟な実を乾燥させたものは漢方薬で「栄実(エイジツ)」と呼ばれ、利尿、下痢止め、肌荒れ予防などに効果があるとする。近年では美白やアンチエイジングの化粧品に果実エキスが使われる。

 

 

【育て方のポイント】

・植え付けは日当たりの良い場所に限る。

・寒さに強く、北海道でも南部であれば植栽できる。

・土質は問わず生育は旺盛。剪定にも相当に強い。

・野生にありふれているため、バラとしてあえて庭に植えるような種ではなく、耐寒性並びに花を多く咲かせる性質を利用して、園芸用のバラの台木にして使うのが一般的だったが、近頃はいろいろな品種が流通しておりノイバラ自体を楽しむことができる。

 

【品種】

・テリハノイバラ(照葉野茨)~葉の表面に艶があり、枝葉は地面を這う。

・サクラノイバラ~ピンク色の花が咲く。

・ヒメイバラ(一才バラ)~矮性の品種で大きくならない。

・トゲナシノイバラ~棘のない品種

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トゲナシノイバラ(棘無野薔薇)白花 「☆」
価格:1058円(税込、送料別) (2017/3/25時点)


ノイバラの基本データ

 

【分類】バラ科 バラ属

    落葉つる性広葉中木

【学名】Rosa multiflora

【別名】ノバラ(野薔薇)

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】1m~3m

【用途】フェンス/切り花

【値段】300円~