庭木図鑑 植木ペディア > ナツユキカズラ

ナツユキカズラ/なつゆきかずら/夏雪葛

Silver lace vine

夏雪葛
花言葉は意味深な「今年の冬に降るはずの雪」
葉
新芽の様子
葉っぱ
ナツユキカズラの葉
natuyukikazura
花には芳香がある

【ナツユキカズラとは】

・中国及びチベットを原産とするタデ科の蔓性低木。日本へ渡来したのは江戸時代で、夏から秋に咲く花を観賞するため稀に植栽される。

 

・白い小花が枝先を覆うように多数咲く様を、降り積もる雪になぞらえてナツユキカズラ(夏雪葛)と命名された。

 

・繁殖力が高く、早期に緑化できるため欧米では古くから壁面緑化やグランドカバーに使われ、日本でも近年、フェンスやトレリスなどに用いられるようになった。

 

・開花は7~10月で、上の方にある葉の付け根付近から多数の花柄を伸ばし、直径1センチほどの花が穂状に集まって咲く。一見すると花弁のように見えるのは先端が五つに裂けた萼であり、花弁はない。

 

・花の色は白あるいは緑を帯びた白だが、ピンク色の花を咲かせる品種もある。花の後には三角に近い果実ができる。

 

・葉は長さ3~6センチほどのハート形で長めの柄があり、蔓から互い違いに生じる。表面は淡い緑色で質は薄い。条件が整えば秋になると綺麗に紅葉する。

 

・蔓は表面が硬いものの柔軟性があり、節が膨らむ特徴を持つ。若い蔓は赤紫だが樹齢を重ねると下部の蔓は木質化する。枝分かれが多く、一株植えれば広範に繁茂し、長いものでは蔓が10~15mに達する。

 

【ナツユキカズラの育て方のポイント】

・耐寒性と耐暑性が高く、日本全国に植栽できる。丈夫な性質を持ち、あまり手を掛けなくても毎年花を咲かせる。

 

・基本的には日当たりのよい場所を好むが半日陰にも耐える。また、病害虫の被害もほとんどないが、稀にコガネムシに葉を食害される。

 

・生育が旺盛であり、周囲の植物の成長を阻害するおそれがあるため、定期的な剪定が欠かせない。

 

【ナツユキカズラに似ている植物】

・ハツユキカズラ

 テイカカズラの一品種で、葉に白い模様が入り、寒気に触れると白い部分が鮮やかな紅色になる。ナツユキカズラと名前が似るが、より普及しており、家庭の庭に植栽されるケースが多い。

 

ウツギ

 本種との関連はないが初夏に白い花を咲かせ、別名をナツユキグサという。

ナツユキカズラの基本データ

【分類】タデ科 タデ属

    落葉つる性広葉中木

【学名】Polygonum aubertii

【別名】シルバーレースバイン

    ポリゴナムオーベルティ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】~8m

【用途】フェンス/壁面緑化/グランドカバー

【値段】600円~