庭木図鑑 植木ペディア > ツルマサキ

ツルマサキ

Climbing euonymus

蔓まさき 種子 画像
秋の夕日に映えるツルマサキの実
ツルマサキ 特徴
早春の様子
つるまさき 花 画像
葉と花の様子
ツルマサキ 葉っぱ
葉の裏面の様子
品種 変種
葉に模様が入る突然変異が多い
花言葉
花期は6~7月 花言葉は「気長に努力」とか
Climbing euonymus,flower
かなり密生するが、地味であり、人目は惹かない
実 種子
でき始めの実の様子
ピンク色の実 
マサキやニシキギと同じような印象を持つ
ピンク色の実
種子はオレンジ色の、さらに中にある
つるまさき どういう木
他の木にすっかり絡みつけば、一本の木のようになる
Climbing euonymus
条件によっては独立することも

【ツルマサキとは】

・沖縄を除く日本全国と朝鮮半島及び中国の山地に分布する、常緑のツル性植物。つるから生じる気根によって岩石に吸着し、枯れ木を這い上るようにして育つ。

 

・葉は長さ2~7センチの楕円形でマサキより細くて小さい。成長は盛んでよく茂り、冬季には他の樹木から垂れ下がる姿が観察される。

 

・開花時期は6~7月。4枚の花弁があって密生するが、直径6~7ミリほどと小さい上、緑色なのであまり目立たない。

 

・花の後には画像のような球形の実ができる。秋に熟して裂けると中からはオレンジ色の皮に包まれた種子が顔を出す。花と実はマサキ、ニシキギコマユミなどに似る。

 

・かつてマサキノカズラと呼ばれたツル性植物は本種ではなく、テイカカズラのこと。

 

【育て方のポイント】

・日陰でも育つが、日陰では間延びしやすい。葉を密生させるには日向で育てる必要がある。

 

・成長が早く、剪定にも強いためフェンスに絡めれば、垣根として利用できる。剪定は適宜、好きな場所でカットすればよい。

 

・マサキよりは病害虫に強いものの、風通しの悪い場所ではウドン粉病に罹患することやカイガラムシの被害に合うことがある。 

 

【ツルマサキの品種】

・近年よく使われるカラフルなツルマサキのほとんどは、本種ではなくアメリカツルマサキの園芸品種である。ハーレークイーン、エメラルドゴールド、エメラルドガイティ、ブロンディなど、葉に白、黄色、紅などの模様が入る品種だが、日照条件次第では模様が消えることもあるため、植栽の場所に留意する。

ツルマサキの基本データ

【分類】ニシキギ科 ニシキギ属

    常緑つる性広葉中木

【学名】Euonymus fortunei

【別名】マサキツル/マルバツルマサキ

【成長】かなり早い

【移植】簡単だが、掘り起こすのが難儀なため、挿し木で増やすのが一般的である。

【高さ】

【用途】公園/ロックガーデン/グランドカバー

【値段】300円~