庭木図鑑 植木ペディア > サルナシ

サルナシ/さるなし/猿梨

Saru-nashi(Kiwi berry)

猿梨 収穫時期 味
実が熟す10~11月頃に黄葉する 表面にシワができれば食べ頃
猿梨,特徴,さるなし
冬芽の様子
さるなし,つる
新芽の様子
猿梨の葉っぱ
若葉は赤味を帯びることも
ベビーキウイ
若い葉柄や蔓には細かな毛が多い
サルナシの葉っぱ 画像
蔓から互い違いに生じる
シラクチヅル,さるなし
蔓の様子
サルナシ,植物,蕾
蕾の様子
Kiwi berry,picture,Japan
サルナシの開花時期は5~7月(雄花)
Kiwi berry,flower,picture
雌花の花柱は反り返る
小さいキウイみたいな実がなる植物,蔓
花を終えた雌花は子房が膨らむ
キウイみたいな実がなる植物
未熟な果実の様子
サルナシ,さるなし,マタタビ
他の木に巻き付いて育ち、ジャングルを作る
猿ナシ,植物
放っておくとこんな感じに
さるなし 紅葉
サルナシは秋になると黄葉する
さるなしの木
月日を重ねると木のように硬くなる

【サルナシとは】

・北海道~九州の各地に分布するマタタビ科のツル性木本。低山の林内や林縁に自生し、他の木や岩に絡んで生い茂るように育つ。果実を食用とするため古くから栽培されており、日本以外でも朝鮮半島や中国に見られる。

 

・サルナシの開花は5~7月で、葉の脇に白い五弁花が垂れ下がるように咲く。雌雄異株で、雄株に咲く雄花は黒紫色の葯が目立ち、2~3輪ずつ咲く。雌株には雌花あるいは両性花が1~3輪ずつ咲き、イソギンチャクのようになった複数の白い花柱が目立つ。

 

・果実が熟すのは秋だが、熟しても果皮は緑色を残す。ナシのような風合で、猿が好んで食べるためサルナシと名付けられた。人間が食べても十分に美味で、香りが良いため果実酒として使うこともできる。

 

・サルナシはキウイの仲間だが、果皮に毛がないため皮を剝かずに食べることができる。果実の直径が2~3センチほどでキウイよりも小さいため、ベビーキウイ、ミニキウイなどの別名がある。果実にはキウイのように黒い種子を多数含む。

 

・葉は長さ5~10センチの楕円形。先端は急に尖り、縁には細くて鋭いギザギザが規則的に生じる。質厚でゴワゴワした印象。新芽には細かな毛が多く、赤みを帯びることもある。

 

・成長が早く、蔓は最大で直径10~15センチ、長さ30mにも達する。丈夫で腐りにくいため、かつては筏や吊り橋を組む資材に使われた。生け花の世界では赤味を帯びたサルナシの蔓を、マタタビやキウイと同様にアカヅルと呼び、独創的な花形を作るのに欠かせない花材とされる。

 

【サルナシの育て方のポイント】

・日当たりがよく、かつ湿気のある場所を好む。

 

・他の木に絡んで育つため、放任すれば他の木の生育を阻害する。マメに手入れができなければ庭に植えない方がよい。剪定にはよく耐える。

 

・類種のマタタビは猫の好物であり庭で育てにくいが、サルナシは猫の被害に遭うことはない。

 

【サルナシの品種】

・シマサルナシ

 紀伊半島以南に自生する品種。葉は厚みがあり、光沢が強い。 

島猿梨,しまさるなし
シマサルナシ

 

・シナサルナシ

 上記のシマサルナシと紛らわしいが、こちらは中国の長江下流域を原産とする品種。これがニュージーランドに持ち込まれて改良されたものがキウイフルーツ。別名はオニマタタビ。

オニマタタビの木
シナサルナシの葉

 

・大実サルナシ  

 園芸用に出回っている品種で、文字どおりより大きな実ができる。

実が大きいサルナシ
大実サルナシ

 

【サルナシに似ている植物】 

 キウイフルーツ  マタタビ

サルナシの基本データ

 

【分類】マタタビ科/マタタビ属

    落葉つる性広葉 

【別名】シラクチヅル/シチリチヅル

    コクワ/コクワヅル/ハシカズラ

【学名】Actidinia arguta

【成長】早い

【移植】移植可能だが掘り起こすのは難しい

【高さ】5m~10m

【用途】花材/果樹

【値段】1200円~