庭木図鑑 植木ペディア > クマヤナギ

クマヤナギ/くまやなぎ/熊柳

kuma-yanagi

くまやなぎ,植物
約1年をかけて熟す実は生でも食べられる
くまやなぎ,蔓
葉の表面は7~8対の葉脈が目立つ(若葉)
馬の鞭に使うヤナギ
蔓は明るい緑色で、後に黒紫になる
開花時期
ツボミの様子
熊柳の木
クマヤナギの果実

【クマヤナギとは】

・北海道南部以南の日本各地に自生するクロウメモドキ科のツル性落葉低木。山野のみならず道端や土手にも見られ、蔓を使って他の樹木に寄り掛かるようにして育つ。日本以外では中国や朝鮮半島に分布し、漢名を「熊柳藤」という。

 

・乾燥させた蔓は杖になるほど硬く、かつてはこの蔓でカンジキ(雪の上を歩く履物)を作り、乗馬用のいわゆる「ヤナギの鞭」はクマヤナギでできていた。名前はその強さを熊に、新芽の雰囲気をヤナギになぞらえたことによる。

 

・開花は夏(7~8月)で、枝先あるいは葉の付け根から伸びた円錐形の花序に、黄緑色の小花を多数咲かせる。花弁は小さいが花弁のように見える5枚の萼片があり、雄しべも5本ある。

 

・花の後にできる果実は直径5~7ミリの楕円形。でき始めは黄緑色だが、およそ1年をかけて赤から黒紫色に熟す。熟成までの期間が長いため、開花期の8月頃には花と果実を同時に見ることができる。果実には甘味があり、生食あるいはジャム、クマヤナギ酒にして利用する。

 

・葉は長さ4~6センチの卵形で先端が尖り、質はやや硬い。裏面は白っぽく、葉脈の基部にはわずかな毛がある。ツルは滑らかく手で触れるとすべすべしており、若い蔓は明るい緑色だが、樹齢を重ねると紫がかった黒になる。

 

・地方によっては若葉を茹でて食べる習慣があったようだが、あまり一般的ではない。乾燥させた茎葉を煎じたものは茶の代用となり、健康食品として流通している。

 

【育て方のポイント】

・土壌を選ばずに育ち、多湿な場所でも育つ。

 

・幹はそれほど太くならないが、ツルの成長は早めであり、定期的な管理が必要。

 

・稀に盆栽に利用されるほど剪定に強く、芽を出す力もある。

 

【クマヤナギの品種】

 葉の大きさ、形状、毛の有無によってオオクマヤナギ、ミヤマクマヤナギ、オオバミヤマクマヤナギ(ケオオクマヤナギ)、ホナガクマヤナギ、ヒメクマヤナギなどに分類される。

クマヤナギの基本データ

【分類】クロウメモドキ科 クマヤナギ属

    落葉つる性広葉

【学名】Berchemia racemosa

【別名】クマカズラ/カナヅル/クロガネカズラ

    クマフジ/ガニマナク/イボタヤナギ

    トウヅラ

【成長】やや早い

【移植】根を掘り起こすのが困難

【高さ】5m~10m

【用途】壁面緑化/食用

【値段】