アケビ

漢字表記:木通/通草(あけび)

別  名:オトメカズラ/ヤマヒメ

     ハダカズラ/アケベ

     アケビズル/コノメ

学  名:Akebia quinata Decaisne

英  名:Akebi

アケビの実 食べる
山の御馳走であるアケビの語源は「開け実」
アケビ,あけび,特徴
冬芽は地味で目立たない
木通 花
蕾の様子
木通の花,画像,あけび
開花は4~5月で、花には雌雄がある(画像は雄花)
flower of Japanese five leaf akebia
アケビの花言葉は「才能」「唯一の恋」など  
木通のメバナ
雌花は雄花より大きく、クラゲのような感じ
雌雄の花
雌花(上)と雄花(下)は同じ株に咲く
アケビ,白花,画像,あけび
白花(白一才)の蕾
アケビの葉っぱ 画像
アケビの葉は5枚が基本だが・・・
アケビ 葉の数
葉が3枚のミツバアケビもある
akebi,fruits
未熟な実(ミツバアケビ)
あけびの画像
果皮は紫がかるのが普通だが、品種による 
あけび,果実
アケビの果皮は自然に開く(シロバナ種) 
Akebi,seeds
種子の様子
アケビ,あけび,つる性植物
アケビのツルは左巻き
自生
山野では縦横に伸び放題だが
akebi bonsai
盆栽にされることがある

【アケビとは】

・本州、四国及び九州の山野で普通に見られるアケビ科の蔓性植物。かつては生活に密着した植物であり、秋にできる実や春の若芽を食用とし、丈夫な蔓で籠を編むなど、実用目的に育てられた。日本のほか中国や朝鮮半島にも自生。

 

・葉は手のひら状で、小さな葉が5枚一組で蔓から互い違いに生じるのが普通。葉が3枚のミツバアケビもある。

 

・アケビの開花は4~5月でソメイヨシノと同じ頃。雌雄同株で、葉の間から伸びた花序の先端に雄花が、基部に雌花が垂れ下がるように咲く。

 

・雄花には花弁のような萼が三つある。雌花には3~9本の雌しべがあり、この多くが後に果実となる。花に派手さはないが、野趣があり、茶花、生け花、盆栽に使われる。

 

・9月~10月にできる果実は長さ7センチほどの楕円形。甘い香りを放ち、種の周りにある半透明の果肉や皮は食べることができる。

 

・「アケビ」の語源には諸説あるが、熟すに従って自然に果皮が開く様を表す「開け実」が転訛したとする説が有力とされる。なお、「アケビ」は果実のみを指し、木全体を呼ぶ場合は「アケビカヅラ」というのが正しい。

 

・漢方ではアケビの木部から利尿剤を生成する。

 

【アケビの育て方のポイント】

・日当たりの良い場所であれはどこでも育つ。

 

・庭に植える場合、他の樹木を傷めないよう棚を作り、定期的にツル先を確実に剪定して管理する必要がある。

 

・根を掘り起こすのが厄介であるため、移植は難しい。繁殖は挿し木や実生によるのが一般的。

 

・開花や結実には年月を要する。また、雌雄同株だが自家受粉しないため、果実を得たいのであれば二株以上、植栽する必要がある。

 

【アケビの品種】

・ミツバアケビ

 より高い山地や寒冷地に生じる品種で、花は同じような紫色だが、やや色が濃い。果実は五つ葉のものより風味があり、一般にアケビとして食すのはミツバアケビであることが多い。また、新芽を「木の芽(コノメ)」としてクルミと共にゴマ和えにして食すのもミツバアケビ。

 

・ゴヨウアケビ

 アケビとミツバアケビが自然に交雑してできた品種。葉に切れ込みがあり、果実はならない。葉に模様が入る斑入り品種がある。

 

【アケビに似ている木】

ムベ 

 アケビに間違われるが、こちらは常緑性で、葉が一年中、緑色。

あけびの品種
斑入り五葉アケビ

アケビの基本データ

【分類】アケビ科 アケビ属

    落葉 つる性 

【成長】早い

【移植】掘り起こすのが困難

【用途】公園/棚/盆栽

【値段】1200円~

前の木 アケビ 次の木