ゴマギ(胡麻木)

Siebold's viburnum

ゴマギの花
満開時は入道雲のようになり、多数の虫が集まる
胡麻木の冬芽
ゴマキの冬芽
胡麻木,画像
ゴマギの新芽
ゴマキ 植木 樹木
葉の様子(5月)
胡麻木 葉っぱ
葉は揉むと胡麻の香りがし、名前の由来になっている
ゴマギ,樹木
ゴマギの蕾
ゴマキの花
開花期は、むせかえるほど甘い香りに包まれる
Siebold's viburnum
花の後には実ができ・・・
ゴマキの実 画像
7月頃に赤く熟すと・・・
Siebold's viburnum,fruits
野鳥に食べられる
胡麻木の樹皮
樹皮はゴツゴツしている

【ゴマギとは】

・関東地方以西の本州、四国及び九州に分布する日本固有のレンプクソウ科ガマズミ属の落葉広葉樹。日本の固有種で、特に太平洋岸の丘陵地や低地の湿地に多い。若い枝葉や樹皮に、ゴマ油のような香りがあるためゴマギと名付けられた。

 

・樹形は大振りだが、白い花や赤い実が特徴的であり、稀に庭木としても使われる。また、ゴマギの実は、他に赤い実の少ない真夏にできるため、自生のものでもよく目立つ。

 

・ゴマキの開花は4~5月で、直径1センチほどの小さな花が傘状に集まって咲き、これを目当てにミツバチがよく集まる。花の先端は五つに裂け、雄しべが5本ある。

 

・花の後には長さ1センチほどの楕円形の果実ができ、8~9月ごろに赤黒く熟す。遠目からも人目を惹くような色合いで、野鳥はこれをついばむ。

 

・ゴマギの葉は枝から対になって生じ、長さは7~13センチほど。縁にはギザギザがあり、全体的にパサパサした印象を持つ。葉を揉むとより一層、胡麻の香りがする。

 

・お寺で行われる護摩に使う木はヌルデなどであり、本種とは関係がない。

 

【ゴマキの品種】

・マルバゴマキ

 日本海側に産する変種で、名前のとおり葉が丸く、その直径は25センチを超えるほどになる。 

・フイリゴマギ

 葉に模様が入る品種

 

【育て方のポイント】

・自生地はヤナギが生えるような水辺が多く、根元が水に埋まっても元気なほど湿気を好む。

 

・半日陰程度の場所がよいが、比較的、適応力があり、どこでも育つ。

 

・花や実はガマズミサンゴジュなどに似るが、大木となるため、一般家庭での植栽は稀。剪定は可能だが、樹形が乱れやすい。 

ゴマギの基本データ

 

【分類】 レンプクソウ科 ガマズミ属

     落葉広葉 高木

【学名】 Viburnum sieboldii

【別名】 ゴマキ/ゴマシオヤナギ

【成長】 やや早い

【移植】 普通

【高さ】 2~8m

【用途】 公園

【値段】 1500円~